体験談「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート3)

オススメの結婚相談所
体験談

こんにちは、富田です。

以前はシステムを使っての面談が出来るということと、その流れについてご説明をさせていただきました。

以前の記事はこちらです。今回はこの記事の続きとなりますので、まだ読んでいないという方はこちらをまずはどうぞ。

体験談「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート1)

体験談「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート2)

今回は面談をして、お相手と出会い、私がどのように感じたのか、お相手にどういう印象を持ったのかなどを率直な意見でお伝えします。

結婚相談所を利用されている方にはショッキングな事や、学びのあるような内容にしていますが、これを参考にて婚活を一緒に頑張っていければ嬉しいです。

パートナーエージェント
パートナーエージェント

相手とお会いする

システムを使って、いいなと思っていただいた方からはお見合いのご連絡が届きます。

お互いにYES回答を出すとファーストコンタクトへ移ります

システムで自分の最寄り駅や、空いてる時間を登録しておくと自動で候補を挙げてくるので、行きやすいところをいくつか回答します。

お互いにOKが出れば確定となりますので、当日までに待ち合わせは必ず確認しましょう。

当日の前に

システム内にあるコンタクト&ルール・マナーを必ずみましょう。

コンタクトが成立してから日付の設定までの注意書きが書いてあり、最低限のマナーも記載されているので目は通しておきます。

服装の注意

お見合いという場ですので以下の身だしなみや、Tシャツ、ジーンズやスニーカー等のラフな格好はNGです。

女性

  • 髪:極端に明るい色
  • 爪:はがれていたり、華美なネイル
  • メイク:濃すぎる、ノーメイク
  • におい:香水のつけすぎ
  • 他:靴、ストッキングの伝線など

男性

  • 髪:ふけ、ねぐせ、整髪料のつけすぎ
  • 爪:伸びすぎ、汚れ
  • におい:汗、口臭
  • 他:ひげ、鼻毛、靴の汚れ

それでも難しいや、どんな格好がいいかわからない場合は、担当の方が相談にのって頂けますのでお気軽に相談してみましょう。

よく言われるのは、仕事場に行ける恰好や、ご両親に挨拶に行くときの服装であれば無難だと言われています

相手に見られて不愉快でないのが最低限でしょう。

人によると思いますが、あまりにもかっちりしたスーツ姿だと、男女ともに硬くなりすぎて苦手意識が出てしまうこともあります。

男性はジャケット、襟付きシャツ、女性は露出少なくキレイ目がいいと思います。

分かりやすく言うと、オフィスカジュアル寄りだと印象が良いと思います

また、当日の目印の服装やアイテムを事前に登録しておけるので着用します。

当日の待ち合わせ

事前に待ち合わせを確認し、当日は約束の10分前には到着しているようにします。

待ち合わせ時の目印を事前に登録しているので、お相手を確認して無事に出会えれば「初めまして、〇〇です。▼▼さんですか?」と笑顔であいさつします。

相手の名前を間違いないように、苗字は名乗らないように注意します。

この時苗字を名乗らないのは、個人情報や防犯のためですね。

立ち話ももったいないので合流しましたら、早めにカフェなどに移動します。

ここからは私が感じたことをお伝えします。

あくまで個人的な意見、解釈、体験です。

その人の性格や行動が合わなかった、こんなことをされて嫌だった、これはないといったことや、関係を進めるにあたって出た問題も書いています。

男性の方は参考にしていただきたいですし、女性の方はチェック項目として見ていただければと思います。

待ち合わせに来るのが遅い

どうも時間にルーズな人が多いのか、待ち合わせ時間のギリギリに来る人が多い印象がありました。

ある人は事前に待ち合わせの写真を確認していなかったらしく、待ち合わせ場所を勘違いし遅れる事10分。

その時点で運営に連絡し帰りたかったのですが、20分はいるよう言われていたので、帰ることが出来ず待たされること15分。

やっと来たと思ったら、まず言い訳からだったので「ないなぁ」と感じ早々に話を終えて帰りました。

素直に謝っていてくれればまだ違ったかもしれないですが・・・。

1時間も早くついていろ。とはもちろん言いませんが、初対面の赤の他人をそんなに待たすのはどうかと思いますし、社会人として、ルール・マナーにも載っているのですから、10分前には来ていて欲しいところです。

服装が普段着

先程、記載したように普段着はNGです。

それなのにジーパンにシャツの方がいました。

ファーストコンタクトの服装はスーツだとかしこまり過ぎて苦手だという人もいるのでしょうが、女性はファーストコンタクトの時は時間を掛けて化粧などのよく見せようと装備をしてきています。

それなのに、お相手が普段通りとなると正直引いていますので、ある程度はキレイ目を着て来てほしいですね。

お店を考えてすらいない

ファーストコンタクトの日程が決まると待ち合わせ時間、場所、場所の写真、近隣のカフェ情報、目印が見れるようになります。

当日になってどうしよう・・・であるとか、会ってから決めるでは時間がもったいないため、事前に一番近い候補くらいは決めておくのが当たり前ではと思います。

その時はもちろん場所の候補は考えていますが、せっかくお相手が考えていてくれたら相手を立てる意味でも、そっちを優先しようと思いお相手に伺います。

ですが、何も決めてない人が多く、その上にそこでいいんじゃないと投げやりにドトールになった時は、この人は何も楽しみにしていないのかとショックでした。

1000円近くのお茶とかでは無くて、お店も考えてい無かったのであれば、お茶位おごってくれて挽回して欲しかったです。

話しが出来ない

大げさに言うとコミュ障の人が多い印象です。

声が小さくて聞こえにくい、話し方がたどたどしい、質問をしてこない、喋らない、話をきるなど。

私自身もそれほど話が上手なほうではないですが、これはひどかったです。

  • ぼそぼそ・・・と話されると聞こえなくて意思疎通ができない
  • あの・・・その・・・と、たどたどしいと何を伝えたいのかわからない
  • 質問しなければ相手の事がわからないのに何も聞かない

「〇〇が好きって書いてましたが最近はしてますか?」と聞くと「いえっ全然」と話を切られると話が盛り上がらない。

せめて「最近はしてないんですが前は・・・」とか「もちろん好きですが最近は違う事をしています」など、話しが広げやすいように話をしてほしいですね。

上から目線の人・自分本位の人

ある人は話をすると答えは返ってくるけれど、何も聞いてこない、あんまりしゃべってこないなぁ・・、興味ないのかと思うことがありました。

それだけで判断するのはと思い、2回目以降も何度かお会いしましたが、「なんでもっと話してこないの?聞いてこないの?」「もっと聞いてくれたほうが興味持ってくれてるとおもうじゃん」と、初回以降お相手が話しを振ってくれるのを急かさないように、待っていた私に言われました。

『私に何も聞いてこなかったあなたが言うのかっ』と相手ばかりに求める姿勢にドン引きしました。

「初回はお話しを振って貰えなかったので頑張って話をしましたから・・・」とやんわり貴方は私に対して聞いてきてないですよね、とモヤっとしながら伝えると、「無言でも心地いい関係だと思わなかったの?」「じゃー話す隙もないくらい君がしゃべってたんじゃない?」と言われました。

ほんと何言ってんだこいつ。

口が悪いと思いながらも、顔に出さなかった私を褒めたいです。

さらに「僕の好みは〇〇だからもっと着てほしい」と服装の趣味にまで意見を言われ、パンツスタイルや、スカート、ワンピースが好き、であればまだ受け入れれたのですが、ほぼコスプレ好みの指定でした。

かといって、それを着た横でふさわしい服装を着てくれるのかと言われると着ないそうです。

3度ほど断ったにも関わらすしつこかったので丁重にお断りし、交際は終了させて頂きましたね。

ドトールでさえおごらない人

もちろんお茶代はピンからキリまであるので、全てを奢ってほしいとはいいません。

それでも時間も守れない、お店も適当、話も出来ない、と踏んだり蹴ったりなファーストコンタクトだった場合くらい奢ってほしい気持ちもあります。

初顔合わせのその後

30分から1時間ほど話しをした後は、別れてから次も会いたいか交際をどうするか考えます。

交際といっても真剣交際ではないので、他のお相手に会うことも出来ますし、むしろ他に交際相手がいたほうが比べることも出来ます。

無理と感じた時点で交際は辞められるので、自分の気持ち的に生理的に無理や、50%無理だと感じなければOKを出しておきます。

それでもどうしようか悩むときは、担当さんに言葉に出して相談ができます。

返事は翌日中ですのでよく考えます。

その後は会員サイトから返事を打ち込み、確定するまで待ちます。

2回目以降の交際

お互いに交際希望が出ると連絡先が公開されます。

ここは男性からファーストコンタクトの時間を貰えたことに対して、お礼をメールでします。

その時に次回の会いたい約束も確認するようにします。

2回目以降の誘うときも色々気にしてほしいのですが、ちょっと残念な人が多かったです

お相手の食の好みやアレルギーを確認されない人

おいしいからといった理由だけで、苦手な食べ物をすすめられました

待ち合わせは現地集合

毎回現地集合を言ってくる人もいました。

道中で話をする気がないのか、いつも現地集合でした。

しかもその人は時間に遅れてくる始末。

雨だったため車で迎えに近くまで来てくれる人もいました

そこまでは良かったのですが、雨ザザ振りの所わざわざ反対車線の所まで行き遠いところで降ろされ、降ろされた先は水たまりの上。

濡れないように傘をさしてくれたのは嬉しかったのですが、ちょっとおしい。

価値観や住居が合わなかった

これはどちらが悪い、正しいではないのですが、合わないなと感じた方がいました。

初回の印象はよく、2回目に遊びに行った時にとても沢山の話しをしました。

結婚した場合は住居はお相手が京都に仕事に来ていても相手の住んで居る市になる事と、仕事が忙しいため休みは合わせられない、とのこと。

休みが合わせられないということは会えないし、ほったらかしされてしまうだろうし、子供もワンオペかな・・・ワンオペだと実家が近くないと無理だな、と思い至り交際を諦めた人もいます。

まとめ

私が30代なのもあり、30代のお相手を探しているのですが、個人的なトータルの印象としては男性側の準備不足感が否めないように思いました。

同登録基準を持つ他会社と提携し、そのサイトのお相手とも出会えるシステムとはなっており、たくさんの方と出会えるシステムになっています。

いい人も会えましたが、残念と思える人に多く会いました。

長く在籍している人ほど、残念な方が多かった気がします。

30代でも結婚していない男性となると、単純に出会いがなかったか、結婚できない性格に難があるか等あると思います。

ですが、30代前半はあまり焦っていないのか我が強いのか、あまりアドバイスを受け付けようとせず、自分そのままだったり、自分は選ばれていると思い相手任せだったりと、言ってしまえばやる気が無い方もいました。

もちろんたまたまかもしれません。

それでも女性としては担当の人に活動するうえでの注意やアドバイスを聞いて、色々調べて、気に入ってもらいたいなぁとそれなりに準備をしているのにっ!

そう思っているのに同じ土俵に立ってる感が無く、もうちょっと頑張って結婚したいんですっ!頑張りますっ!みたいな頑張ってる人にあまり会えない状態でした。

他の結婚相談所の方など、多くの人に会えることがあるのはいいのですが、料金の安さは会員の質にかかわってくるんでしょうか・・・。

お金をかけない人ほど、ケチなのかもしれないと感じました。

自分も気をつけなければと思う反面、あまりいい人にまだ出会えていない状況です。

まだまだこれからも婚活は続けますが、ここまでが私がパートナーエージェントで婚活をしてきた体験談でした。

私が入会したパートナーエージェントはサポートがしっかりしていて、個人情報の管理もしっかりして安心感はあります。

無料で資料請求や説明会などをしてますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

男性を見る目だけでなく、自分がどういう相手を求めているのか、どういう人が合うのかというのが分かると思います。

パートナーエージェント
パートナーエージェント

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です