体験談「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート2)

こんにちは、富田です。

以前はパートナーエージェントに登録するまでの流れについて説明をしました。

以前の記事はこちらです。今回はこの記事の続きになりますので、まだ読んでいないという方は先にこちらをどうぞ。

体験談「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート1)

今回は登録してから、どのような事をするのか、お相手に出会うまでについて、実際の利用した体験談をお話しします。

パートナーエージェントの利用を考えている方の参考になれば嬉しく思います。

パートナーエージェント
パートナーエージェント

パートナーエージェントに契約してからの流れ

契約後、すぐ活動してすぐお相手に会えるわけではありません。

活動するための準備がありそれが完了してから活動開始となります。

入会時に必要書類を説明して頂くので次回、2回目のカウンセリングまでに用意します。

時間がなく用意できなかった場合は、出来るだけ早く提出するか1ヶ月以内に提出するほうがいいでしょう。

結婚計画プランニング

本格的に始める前にいくつかの準備がまだあります。

入会後2回目のカウンセリング日が決まれば、事前にマイページの入力、EQアセスメントをする、をしておきます。

MYページ作成

生年月日や、現住所、勤務先登録等の個人情報や趣味のこだわりや、これからしたいこと、自分の好き、きらいなもの、理想の結婚夫婦家族層など補足事項の登録が必須です。

書き方の見本を頂けるので参考にしながら入力します。

この時自己PRは入力せずおいておきます。

EQアセスメント

自分の価値観分析のテストを受けます。

難しい問題等ではなく、こんな時自分ならどうするか?こっちかこっちならこっちの考えかな、のような簡単な質問ばかりのため、気軽に答えましょう。

必要書類

主に身分を証明する書類が必要です。

事前に説明もしていただけますが、

・独身証明書・年収証明書・身分証・金融機関のキャッシュカード

他に専門職や短大卒以上だと

・最終学歴証明書・資格証の提出が必要です。

価値観診断

2回目面談時にEQアセスメントの結果を教えてもらえます。

自分が普段どんな価値観を重視しているか、また相手にどんな価値観を求めているかがわかります。

この結果を参考に価値観の近いお相手を紹介しているそうです。

私の場合、自分がそんなに気にしていなかった価値観も相手に求める価値観もばっちり当たっていました。

カウンセリング

カウンセリングではまず、自分が相手に求める好みを確認するところから始まります。

どんな背格好で、どんな性格で、どんな趣味の人かなど事細かくたくさん言葉に出しましょう。

優しい人、だけでなく自分に対してレディーファーストしてくれる。

明るい人、だけでなく周りを笑わせてくれる。

などを徹底的に自分の好みを言葉にできるように改めて考えます。

それから自分はどんな人間か、こんなことが好き、こんなことを一緒にしたいなど
これからのことを考えながら担当者と話します。

時間にしてこのインタビューだけで1時間以上喋ることになります。

この時のインタビューをもとに、自分の自己PRを担当者の方に作成して頂けます。

作成まで少々時間がかかりますが、自分でも書くのが苦手な自己PRを上手に作成して頂けました。

写真撮影

私の時のスケジュールではインタビュー後に写真を取りに行く段取りでした。

パートナーエージェントが予約してくれますし、撮るときに料金は必要ありません。

メイクに自信がなくてもメイクの手直しもして貰えますし、プロに撮って頂けるのできれいに仕上げて頂きました。

提携先のため、後日撮影データをパートナーエージェントに送信していただけて、その写真はすぐ自分のマイページから見れるようになります

これで活動の準備が整いました。

ここから本格的な活動が始まります。

婚活男性の紹介をしていただく

活動開始後に不定期に紹介状がマイページに送られてきます。(2020年1月現在)

そこからお相手のマイページに移り写真、出身、趣味、自己PRを確認します。

自分の好みに合うか考え「お見合いする」か「NO」かを選びます。

その後はお相手の結果を待ちます。

担当者から紹介をして貰うほかに「お相手YES回答済み紹介状」と「ご自身からお申込み済み」があります。

「お相手YES回答済み紹介状」はお相手がすでにコンタクト希望で、YESとなっている紹介状のため自身がOKをだせば成立となり、日時を決めて会いに行く形です。

「ご自身からお申込み済み」はMYPRというお相手検索機能から、自分で検索フィルターをかけ好みのお相手にリクエストを送るものです。

こちらもお相手にYESを頂かないと会えないので結果を待ちます。

この検索は今まで年齢、住居、身長、学歴、でしかフィルターが掛けられませんでしたが、現在は他に結婚歴、子供の有無、年収、喫煙の有無もフィルターがかけられるようになっています。(2020年1月現在)

この自分からのリクエストは、申込上限があり入会したコースによって上限が違います。

コンタクト

「お見合い」でOKを出してもすぐ会えるわけでなく、相手側にもOKを貰って初めてお見合いが出来るようになります。

YES回答を貰うとお相手の希望優先で、またはYES回答を出すと自分の希望優先でコンタクトの日時を決められます。

先に自分のMYページからコンタクトスケジュールで、コンタクト可能の日を「何日の〇時~〇時」と最寄りの駅や使用する駅を登録しておくと、その希望日の中から自動でいくつか候補が出され、待ち合わせ日時、場所を確認して、いくつかお相手に提案し、その提案の中で都合が良い日を選んでもらい待ち合わせ決定となります。

希望の日時や、場所がない場合、手動で提案することもできます。

コンタクトの待ち合わせには遅刻のないように余裕をもって行きます。

待ち合わせ場所によっては似ている場所や、わかりにくい場所がある為、待ち合わせ場所の写真や場所を特に確認します。

服装は女性はオフィスカジュアル等きれいめ、男性はジャケットやシャツなどキレイめで、あくまできちっとした服装だと良い印象のようです。

ドトールなどではなく余り騒がしくない、人が多くないカフェのほうが落ち着いて話せるため、事前にカフェなどは調べておき、当日お相手を確認して挨拶後にらカフェを提案します。

30分~1時間くらいで話し合い、お互いの好みや趣味、価値観を確認します。

交際期間

コンタクト後、付き合っていけそうであれば「交際OK」、無理そうであれば「NO」と回答を翌日中までに出します。

交際期間といっても、この段階ではまだ恋人ではないため並行して他のお相手とお見合いすることも、やり取りすることも可能です。

連絡先をこの時初めてもらえるため、メールをしたりして、この期間の間に初回で聞けなかったことを聞いたり、会う時間を長くしたり、ランチ以外にお出かけしたりして、お相手に対してどのように感じるかを確認します。

交際者ページではお相手の連絡先を確認したり、自分の担当者とお相手に対する気持ちレベルやこんなことがあったなど、報告する機能もあります。

好印象や交際を意識しているのか、候補筆頭など自分の気持ちに近いレベルをつけておき、担当者に気持ちを伝えておき、小まめに相談をしましょう。

後はお見合いとデートをくりかえし、相性の良いお相手を探しましょう。

会う中で告白を受け真剣交際を申し込まれたり、真剣交際をしたいと担当に申し込んで、お相手が受け入れてもらえれば真剣交際開始です。

真剣交際

この段階で初めて恋人関係になるため、紹介はストップし他の交際は終了となります。

本格的に結婚を意識した付き合いとなりますので、お相手のことを最終確認したり、結婚についてもう少し踏み入った質問がしたいときはこの時がオススメです。

その後さらに結婚の意思が固まれば、その後両担当者と当人たちの4者面談をし、退会となります。

担当者と面談

コンタクトと交際を繰り返していると3か月に1度のペースで担当者との面談を行います。

要は反省会です。

この面談では自分がどのような理由でお相手を断っているか、どのような理由で自分が断られているかグラフ化されます。

それをもとに上手くいかない理由や、コンタクト時にどのようにアプローチするか、もっとこんな風にしていきましょう、など活動して行くために相談し改善していきましょう。

まとめ

自分が上手く活動できるかは、自分が担当者や利用できるシステムは全力で利用することも大事ですが、他に担当者との相性も大切だと私は思います。

初めの担当者ははっきり説明してくれず、煮え切らない思いをしたため、担当者を変えてもらったこともあります。

その後の担当者ははっきり物事を言ってくれる方で、なんでも相談できるようなりました。

良いお相手に出会うためには、長い長い道のりを上手く担当者と二人三脚で進んでいく事が大切ですね。

いかがでしたでしょうか。

少しでもあなたの婚活や結婚相談所選びの参考になれば嬉しいです。

パートナーエージェントについてはこちらでも解説していますので、少しでも興味が出ましたらまずは無料資料請求や、無料カウンセリングを受けてみてください。

パートナーエージェント
パートナーエージェント

パートナーエージェントについて詳しくまとめてみました。

パートナーエージェントの詳細記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です