結婚相談所「パートナーエージェント」を利用して婚活(パート1)

はじめまして、富田と言います。

結婚相談所はたくさんあり、どれを利用すべきか悩んでいる方も多いと思います。

今回私がパートナーエージェントを利用して婚活をして感じたことや、活動状況についてシェアをさせていただきます。

少しでもあなたの婚活のお役に立てれば嬉しいです^^

私がパートナーエージェントに決めた理由

私がパートナーエージェントに決めたのは「タイミングが合った」と感じたからです。

結婚相談所を選ぶポイントはいくつかあると思いますが、自分なりの基準を持った時に私は「相談所の種類」「サポート内容」「料金」が大きな判断基準でした。

相談所の種類

相談所には大きく分けるとカウンセラー、アドバイザーなど人が介入しお相手を紹介する「仲介型」、プロフィールや希望条件を自分で検索して探す「マッチング型」があります

仲介型といえばパートナーエージェントのほかに、ゼクシィ縁結びエージェント、IBJメンバーズ、サンマリエなどが大手です。

マッチング型で大手は楽天オーネットやツヴァイ、ノッツェが有名ではないでしょうか。

相談所に行く前に婚活アプリの「Omiai」と「Pairs」を使っていました。
ほかにも使用はしましたが使いづらかったため、すぐに退会をして、この2つだけを利用していました。
ですが、使っていくうちに私には婚活アプリは合わないと感じました。

その理由は、相手からの「いいね」は来るけど、いざマッチングするとメッセージのやり取りができないこと。
何度もメッセージをして、やっとのことで会えた男性もいましたが、理由も分からずすぐに連絡不通になるため、自分の欠点や選ばれなかった理由がわからずじまい。

何度もこの繰り返しで、婚活アプリに行き詰まり、一人で婚活することの限界を感じました。

それに気軽に利用できる婚活アプリでは男性会員の本気度が低かったり、次に繋がらずしんどかった事もあり、これを続けても時間のムダになるだけだと感じました。

結婚を成功させるためには、まずは自分の欠点や、相手から見て直した方がいいところを理解することが重要だと思いました。

その為には、経験豊富なアドバイザーが私の性格や希望しているお相手を詳しく確認したうえで条件に近い人や、成婚退会者のマッチングデータから似た性格の人が選んだタイプのお相手を紹介してくれる仲介型が合っていると思い、選びました。

他にも仲介型の相談所を選ぶポイントとして

  • とにかく自信がない
  • 自己PRが考えられない
  • どうしても会ってからの次が続かない
  • 相談できる人が欲しいなど

私のように、このような悩みをお持ちの方には相性がいいので仲介型がオススメです^^

サポート内容

私の場合、近くで会える人を探したかったため相談所の支店は近いところという条件は必須でした。

その中で、登録している人の多さや、料金によってサービスに違いが大きく出ない等の条件を考えて探してみました。

結婚相談所を決めるうえで、「料金」が大きなウエイトを占めていて、一番の悩み所でした。

結婚相談所の中には、一定年齢までに登録すれば安く入会できるキャンペーンがあるのですが安い分、サービス内容は少なくなっていたり、中には異性を紹介してくれる数や、こちらから相手にリクエストを送る人数が半分ほど減ってしまうところもあります。

安くなっても多くの異性と出会えなかったり、利用できるサービスが少なくなってしまうのでは意味がありません。

どの結婚相談所を利用すべきか、ずいぶん悩みました。

比較・検討していた中で、パートナーエージェントでは私の年齢では割引料金を受けれるうえで、一番オーソドックスな「コンシュルジュコース」と変わらないサポート内容と紹介人数を受けられるので、パートナーエージェントに決めました。

パートナーエージェントに決めた理由も私の年齢では割引が受けられるので、料金が安くなり、そのうえサポート内容が割引なしの内容とほぼ変わらなかったのが決めた理由です。

申し込みからカウンセリングまでの流れ

結婚相談所の場所を決めたので、次はお話しを聞きにカウンセリングの予約を行います。

パートナーエージェントはカウンセリングの希望はホームページから行います。

カウンセリングの日程はいくつか希望日程が出せるので、ご自分の都合の良い日程いくつか希望しましょう。

カウンセリングにかかる時間は人により多少前後すると思いますが1時間半~2時間ほど見たほうがいいと思います。

日程が決まればホームページの内容を再度確認し、気になるところをチェックしておきます。

自分なりの判断基準を決めて、当日をそわそわしながら待ちましょう。

事前にメリットデメリットも考えておき、デメリットを上回るメリットが感じられるかもポイントです。

メリットやデメリットについては後ほどお伝えします。

家に届く封筒について

郵便物は資料請求した時の資料くらいしか届きません。届く際は会社名がわからないように伏せられて届きます。

パートナーエージェントの場合は男女それぞれの染色体XYをイメージした企業ロゴが印字されており、詳しい人でなければ分かりにくくなっていますので周囲の人や、同居中の家族にもバレたくない人も安心だと思います。

契約時に受け取った資料はこちらになります。あまり数も多くないので、シンプルに分かりやすいのも嬉しいです。

料金の支払い方法について

料金は申し込みをした翌月の銀行引き落としとなっています。

この話はもちろん登録時に説明していただけます。

ローンを組むこともないですし、支払い口座はご自分の好きな銀行を指定できますので安心で簡単です。

引き落とし日も登録時に説明いただけますし、支払う金額を確認したい場合、ご自身のマイページから確認ができます。

ちなみに残高不足で引き落としされてない場合、翌月に自動繰り越しされるようです。

引き落としがされないからといって、いきなりサービスが利用できなくなるという事はないようです。

引き落としの金額は登録後に作るマイページからでも確認できます。

カウンセリングで感じたこと

カウンセリングではパートナーエージェントの会社の説明があり、個人情報の取り扱いはどうしているのか、丁寧に説明いただきました。

カウンセリングが非常に丁寧だったので安心感もあり、大手企業という事で信用できると判断しました。

大切な個人情報や、少なくはない金額を支払うので会社の体制がどうなっているのかを確認するのは同然ですよね。

その後サポート内容の説明や、登録した場合の活動の流れや料金の説明も受けました。

サポート内容は、1ヶ月の紹介人数やマッチング型相談所と同じくデータ検索が出来ることで、この時点で丁寧でかなりいいなと思っていました。

さらに私が考えるデメリットの部分を、メリットが上回るかも考えていました。

デメリットはまず

  • 婚活アプリ等に比べて出会いの数が少ない
  • 料金が高い
  • 個人経営や担当者には当たりはずれがある

が考えられます。

婚活アプリ等に比べて出会いの数が少ない

出会いの数が少ないのはペアーズ等のマッチング型に比べると少ないのですが、希望条件に近くて経験豊富なアドバイザーから見ても相性が良いだろうと判断された、厳選されたお相手が紹介されるため、それほど大きなデメリットではないと思い至りました。

今までの婚活アプリなどを使って、自分がいいと思った相手とやり取りをして失敗をしているので、私の判断ではなくプロの判断の方を信じてみようと思いました。

料金が高い

料金が高くなってしまうのは、サービスの質もあると思いますが、カウンセラーの人件費が発生してしまうところが大きいと思います。

料金が安いマッチングアプリなどのタイプは安い分、全て自分でやらないといけません。人件費を自分に払うか、カウンセラーに払うかの違いだと思っています。

どのくらいの料金になるかは、あらかじめホームページは見て知っており年齢による減額料金設定は見ていました。

ですが、ちょうど29歳という年齢になっていたので、ギリギリで条件に当てはまらず通常料金でどうしようか悩んでいましたが、このタイミングでホームページに載っていなかった新しい料金を紹介されました。

当時はサイトに掲載すらされていなかった料金です。今はこの新しい料金はホームページに載っていて、U29バリューという名前です。当時はU28バリューで、28歳までが割引の対象になっていました。

新しい料金システム(U29バリュー)は今までの年齢条件の中間あたりで、初期費用の総額も私に払っていける月額料金と感じたのでデメリットから外れました。

個人経営や担当者には当たりはずれがある

最後に担当者の当たりはずれですが、担当者は全員既婚者で会員より年上の方がついて下さることも説明してもらいました。

この時はそこまで考えていませんでしたが、確かに未婚の年下の担当者に、結婚してもいないのにいろいろ言われるのは確かにいやだなと思いましたし、入会後のお見合いや交際で困ったことや、悩み事があっても年上の方が聞きやすいと思いました。

年下の未婚の人にアドバイスをもらっても「何も知らないくせに」と素直にアドバイスを受け取れないこともありそうなので、細かい気づかいを感じました。

担当者との相性が合わないと感じたら申告すれば変更して貰えたり、また自分のことも客観的に見てくれる存在として、自分の悪い点やもっと伸ばす点も確認する定期面談があることも説明を受けました。

婚活に対する考えや理想を言葉にして話すことで、思ってもみなかった自身の考えと向き合えたり、客観的意見を言ってくれるため、担当者は良い存在になってくれるのだと期待が持てました。

私の基準が勿論すべてではありません。

私がメリットと感じた部分も、人によってはデメリットと感じるかもしれません。

自分にとって譲れない条件を確認しておき、カウンセリングを受け、その場で契約せず持ち帰って他の相談所と比較し、選ぶ際の1つの参考になればと思います

次回はパートナーエージェントに入会してからについてお伝えしていきます。

パートナーエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です