『体験談』バツイチの私が結婚相談所で幸せな結婚をした話し(パート2)

オススメの結婚相談所
体験談

今回は婚活に一度失敗した私が、再度婚活を始めて、運命の旦那と出会うまでのエピソードをお伝えします。

恥ずかしい話しや本音までも全てお伝えしますので、婚活で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

前回の記事はこちらからご覧ください。

『体験談』バツイチの私が結婚相談所で幸せな結婚をした話し(パート1)

結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】
本気で結婚したいあなたに!<ノッツェ>

次に選んだ結婚相談所

30代で離婚し、すぐに登録したオーネットを退会して5年経ちました。

私は離婚前の私と違い、仕事人間になっていました。

オーネットを退会して、再婚も彼氏すら作ることも諦めたわけではなかったのですが、とにかく、まず自分を磨きたかった。

20代ずっと前旦那と一緒にいた私は、真剣に仕事と向き合ったことがなく、正社員にもなった事がありませんでした。

独身の友達は皆、知らない間にキャリアを積んでバリバリ仕事してプライベートも満喫していました。キラキラ輝いて見えました。

私は、資格も正社員の仕事も何もなく、容姿も10キロ以上太ってしまっていました。

世の中に1人取り残された感じがしました。

私には強みが何も無い。

自分に全く自信が持てない。

惨め…

もう劣等感の塊でした。

何も資格がなかった私は、とりあえずフルタイムの派遣社員で働きました。

まず、1人で生きて行かなければなりません。

20代前半に所得したパソコン基礎の資格以外、私は何も資格も経験もありませんでした。

生活の為働きながら、夜は資格学校に通いました。

運動が苦手で体力もなかった私は、この生活は本当にきつかったです。

しかし、そこで友達もでき、仕事と勉強のハードな生活もなんとか2年間続けられました。

ダイエットも始め、半年で10キロ痩せました。

人は他に道がなければ頑張れますね。

やっと小さな会社で、紹介予定派遣から正社員になるまで、資格所得から3年かかりました。

正社員になり、余裕ができ、自分に少し自信も持てるようになりました。

彼氏欲しいな、再婚したいな。

そう思えるようになり、婚活を再開することにしました。

そんな時、結婚相談所ノッチェが企画する、会員でない人も参加OKのお見合いパーティーをネットで見つけました。

男性5名女性5名の少人数制のパーティーで、ノッチェの社内で行われるものでした。

参加するにはノッチェに登録してなくても参加でき、しかも参加料500円!

参加することで、ノッチェにどんな会員さんがいるか分かります。

そして、何より結婚相談所に登録してる人なら身元が確かで、婚活に真剣な人だと感じ、すぐに参加することにしました。

それがきっかけで、結婚相談所ノッチェに登録し、本腰を上げて活動することになるのです。

結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】
本気で結婚したいあなたに!<ノッツェ>

オーネットとノッチェの違い

ノッチェのお見合いパーティーは、気になる人はいましたが、残念ながらカップルにはなりませんでした。

でも、ノッチェの会員さんは皆、以前登録していたオーネットの会員さんよりも落ち着いており、大人な雰囲気で話しやすく、安心感がどことなくありました。

お見合い後、結婚相談所の人とは思えないほどオシャレでダンディーな雰囲気の男性店長さんとお話しました。

登録の勧誘かなと警戒していたのですが、その店長さんは、私と初対面にも関わらず、いろんな話を聞いてくれました。

私のダメな恋愛観にもダメ出しもせず聞いてくれ、店長さんも奥さんとの結婚までのプライベートなお話も掘り下げて話してくださいました。

オーネットとは、会員とアドバイザーさんとの距離感が全く違いました。

オーネットのアドバイザーさんは年配の女性が多く、連絡事項の連絡しかなく、短い期間の登録でしたが、担当アドバイザーがどんな人だったか全く覚えていません。

退会する時も、ネット上の手続きだけで連絡は一度もありませんでした。

それが結婚相談所は当たり前なのかなという印象だったのですが、ノッチェのアドバイザーさんは何でも相談してくださいというスタイルでした。

来社すると飲み物のメニュー表を持ってきてくださり、落ち着いて時間を忘れ相談できる雰囲気でした。

お見合いパーティーに参加するまで、また結婚相談所に登録しようとはまだ考えていませんでした。

ただ、結婚相談所には確かに結婚を真剣に考えている人との出逢いはあります。

それはオーネットで実体験済みです。

私はノッチェの店長さんとお話して、登録しようかと心が揺れました。

以前登録していたオーネットで、私がシステムに合わず、全く活動せずに退会したことをお話しました。

すると、ノッチェでは自分のスマートフォンやパソコンなどの端末で会員の男性の顔写真などの情報が見ることができ、お見合いの申込までその場でできるようなのです。

オーネットでは、来社予約をして、顔写真などの詳細情報を見に行かなければなりませんでした。

見て自分のタイプではなく申込をしなくても、申込できる規定の人数にカウントされてしまいます。

最悪、誰にも応募せずに次の月まで待つことになっていました。

待つことが苦手な私には苦痛でした。

どんどん自分で行動したくて、お相手の容姿もある程度気になっていた私にはノッチェのシステムはぴったりでした。

ノッチェに来たのも何かの縁。

いろいろお話をした店長さんが担当のアドバイザーさんになってくださるということで、ターニングポイントを感じ、すぐに登録しました。

私の活動内容

登録時に店長のアドバイザーさんに言われたこと。

「とにかく毎月の規定の人数は申込すること。女性は最初の3ヶ月くらいは新規ということで申込が比較的多く来るので、よっぽど気になることがない限り、できるだけ会ってみること」

私はアドバイザーさんのその言葉を忠実に守りました。

アドバイザーさんの言葉を受け入れることができなければ、いくら出逢いがあってもいつまでも結婚できない事が分かってたから。

自分の考えだけでどうにかできてたら、結婚してますよね。今。

実際に会った男性の中にもう2年活動している人がいました。

その男性は容姿が悪いわけではありませんでした。

仕事もしっかりした所にお勤めで役職も持っていました。

しかし、寝癖がとにかく凄かった。

頭が爆発していました。

そして洋服も、親に買ってもらったような凄く古いセーターを着ていました。

お話してみると、とても話しやすい男性ではありました。

でも、優しすぎるのか全て受け身で、会う前からメールで、

「あなたが私を気に入ってくれるなら、すぐにでも結婚します」

というスタンスでした。

私だからでなく、誰にでも言ってるなという印象でした。

その方にアドバイザーさんは、何度もそのままではいつまでも結婚できないとはっきり言ってアドバイスしてるようでした。

しかし、聞いてるのか聞いていないのか、言われた時は納得したようで受け入れるのですが、結局何も変わらないと言っていました。

ノッチェでは基本、あまりアドバイザーさんは口を出しませんが、担当の会員さんの活動状況は都度見ているようで、必要な時はアドバイスしているようでした。

しかし、他にも何年も活動してる男性に会いましたが、何年も活動されて決まらない方はあまりアドバイスを受け入れていないように見えました。

私は何年も活動するのは絶対嫌なので、反面教師にしました。

私は、オーネットの時同様、やはり容姿重視でお申込しました。

登録前にダイエットをしていたので、自然と着たい洋服も増え、明るい印象のそれなりに綺麗なプロフィールの写真を載せることができました。

男性に申込をする時も、以前より少し自信を持って行動することができるようになりました。

写真もアドバイザーの男性店長さんが男目線で選んでくれましたから。

離婚直後に登録したオーネットのプロフィール写真とは見間違えるほどでした。

まず顔の表情が明るい。

婚活でなくても、今そういう私になれた事が嬉しかった。

そういうことだけで、婚活も楽しくなりますよね。

モチベーション維持にも繋がりました。

確かに初めの3ヶ月近くはお申込がぼちぼちありました。

その当時は平日フルで正社員として働いていたので、土日に休み返上でよっぽどのことがない限り、1度は会いました。

美人さんには10人単位でお申込が来るのかもしれませんが、私は1番多いときでも1ヶ月5名以下。

それでも土日を利用し、ノッチェ主催のお見合いパーティーにも参加しながら会うとなると、なかなかハードな生活でした。

1日に2人会ったりしたこともありました。

でもどんな人との出逢いがあるのかと考えると、とても楽しみで充実していました。

出会いと改善点

オーネットに登録していた時とは違い、今回はすごく婚活にやる気を持っていました。

とにかく暇さえあれば、スマートフォンを見て、ノッチェの会員サイトで次はどの方に申込しようかと見て考えていました。

両隣りの県の方まで見ていました。

初めて申込した方は、同じ県に住んでいる40代前半でバツイチ、元奥さんには成人したお子さんが3人いる男性でした。

彼は、成人したお子さんがいるとは思えないくらい童顔で若い容姿で、いわゆるジャニーズ系でした。

一目惚れでした。

申込のお返事がOKで、LINEのやり取りが出来るようになると、毎日頻繁にやり取りをして必死にアピールしました。

そして、食事に2度行き、念願叶って彼から正式に交際の申込がありました。

しかし、なかなかノッチェ側にそれを報告してくれませんでした。

そして理由を聞くと、

「やはり付き合えない。本当にごめんなさい。他にいい人を探してください」

と言われてお断りされてしまいました。

私は交際の申込を受けて1人で舞い上がってたので、短い間でのやり取りでしたが、かなり落ち込みました。

何がいけなかったのだろう。

ひたすら自問自答しました。

アドバイザーさんに、私は既に交際の申込があったことを伝えてしまっていたので、システム上、お断りになっているのに気づき、すぐに連絡をくれました。

幸い、担当のアドバイザーさんが男性で、男性側からの意見も遠慮なく言ってくれるようなアドバイザーさんだったので、気持ち的に楽でした。

アドバイザーさん曰く、

「展開が早かったからねー。まだ登録して出逢った初めての男性なんだし、今からまだまだ出逢える。よくあること!今申込が多い時期なんだから、次にいかないと。忙しいですよー」

と、サラっと言ってもらえました。

いつも何事も重く捉えすぎな私には、そういった男性ならではの、軽いところが逆に救われました。

学生時代から、ずっと女性に囲まれてきた私には、男性目線のアドバイスも説得力があり、参考になりました。

失恋には新たな恋。

よく言いますよね。

私は失恋を引きずってはいましたが、気持ちを新たに婚活を続けました。

離婚後、いくら頑張って資格を取り、正社員になり、ダイエットをし、自分磨きをしても、男性を見る目は変わらずありませんでした。

私がそれからお申込した男性は、比較的OKをいただくことが多く会うことはできました。

しかし、本命の女性とのデートが入ったらしく初めてのデートでドタキャンされたり、ホテルに連れていかれそうになったり、食事の後、私の家に泊まろうとして断ると、豹変してLINEで罵声を送ってきたりと、つくづくおかしな人に当たりました。

全てその都度アドバイザーさんに報告し、対処もしてもらえたので、その後は安心して婚活はできました。

結婚相談所通してて本当によかった。

反対に、お申込されて会った男性は、びっくりするほど、誠実な男性ばかりでした。

不器用な方が多かったですが、悪い印象はありませんでした。

でも、誠実すぎて物足りなかった。

パッもせず、惹かれる所がどうしてもありませんでした。

そういう男性に限って、私がお断りした後しばらくすると、プロフィールが消されており、アドバイザーさんに聞くとほかの女性と成婚が決まって退会したと聞くことが何度かありました。

本当に私は見る目がないんだなと感じていたところ、アドバイザーさんにも

「確かに男性を見る目がない。男性は女性ではないので、あなたが思っているような男性はいない。それは確かですよ」

とはっきり言われてしまいました。

そして、お見合いの場所のセッティングまで終始サポートしてくれる担当アドバイザーさんが付く、お見合い会員さんともっと会うようにアドバイスされました。

お見合い会員さんなら、担当のアドバイザーさんが男性がどんな方なのかお見合い前に教えてくれ、常に第三者の意見が聞けるから。

私はアドバイザーの助言通り、いろんなお見合い会員さんと会いました。

ほぼ申込があると1度は会っていたので、お見合い会員の担当アドバイザーさんがお勧めしてくれていたようでもありました。

そこで、やっとはっきり気づきました。

私は、人の容姿や上面の優しさしか魅力に感じれてない。

見てないんだと。

それを学生時代からの友達やアドバイザーさんに言うと、なんと、

「えっ、今さら気づいたの?気づいてなかったの?」

とすごくびっくりされました。

私は自分のことすら、何も見えてなかったのですね。

旦那との出会い

登録して申込が多い3ヶ月の間に成婚をと決めていたのですが、気づくと8ヶ月過ぎていました。

この頃になると、ノッチェの男性会員さんも新規の男性以外、見たことがある人ばかりになっていました。

申込する人が減り、私はその当時住んでいた県の人だけでなく、隣の県の人のプロフィールにもより目を向けるようになりました。

そこで少し前から見かけるようになった男性がいました。

彼は、はっきり言って私のタイプではありませんでした。

洋服もオシャレとは言えませんでした。

プロフィールに貼り付いていた、自己PR動画だけが、なぜか気になる。

面白いことを言ってる訳ではないのですが、なぜか気になる。

そういったことありませんか?

ただ、今まで自分から申込して散々失敗していたので、隣の県の彼に申し込むのは流石に躊躇していました。

彼は隣の県のノッチェ担当の為、私のアドバイザーさんも知らない会員さんでどんな人かも聞くこともできなかったのです。

でも、もう申込する人がその時他におらず決心しました。

かなり警戒し、気をつけて接しようと心に決め、思い切って申込してみました。

隣の県だけど大丈夫かなと思いましたが、意外にもすぐにOKのお返事がきました。

同時にメールも来ました。

今まで出逢った人と違い、彼がすごく警戒してるような印象のメールでした。

「まずメールで仲良くなれたら、徐々に会う方向で…」

私でなく、まさかの彼が警戒?

度肝を抜かれました。

彼はまだ登録して1ヶ月で、どの女性にも会ってなかったようなのです。

ガタイはいいのに意外に小心者…

そう思うと、いいのか悪いのかは分かりませんが、私の警戒は取れてしまいました。

それから、お互い無理なくたわいもない話をLINEでしていき、彼が私の住んでいる県に来てくれ会うことになりました。

彼は車で会いに来てくれました。

私が待ち合わせの場所に行くと、 本当に来たという感じでびっくりしていました。

話している時、真横にいるのに終始じっと見て話す人でした。

話しづらかったのが初対面時の印象でした。

でも、予約していたすき焼き屋さんに行くと、席がテーブル席で、向かい合って座る形になり距離が出来きました。

そこでやっと、お互いLINEでのやり取りの時のようにいろんな話をできるようになりました。

本当にとても楽しかった。

お互い会う前から好印象で、実際会っても

「本当に初めて会った?昔、知り合いじゃなかった?」

と終始言い合うほど安心して楽しい時間を共有することが出来ました。

そこで告白のようなことをどちらかが言ったのか、言ってないのかは分かりませんが、付き合うことになっていました。

よく耳にする、これが気づいたら付き合ってたというパターンですよね。

はっきりした告白がなく、彼もどちらかというとおっとりした性格の為、彼担当のアドバイザーさんへの報告が遅くなっていました。

そこで、私と付き合っているはずなのに、何も知らない彼のアドバイザーさんが彼に他の女性会員のお見合いを進めたのです。

アドバイザーさんは話を進めていたため、彼に1度は会って欲しいと頼んでいました。

私はそれを知り、大パニックになりました。

お付き合い間近までいき、お断りされた初めて申込した男性とのことを思い出したのです。

また断られるかもしれない…

私はすごい勢いで彼に電話をし、断って欲しいと訴えました。

そこでの彼の電話での様子がまた不思議でした。

すごく落ち着いており、話を一通り聞いて、

「分かった」

の一言だったのです。

正直、大丈夫かなと心配でした。

でも彼はすぐにノッチェに連絡をしてくれ、お見合いをきっぱり断ってくれました。

私は男性に初めて男気というものを感じました。

彼との出逢いで、いい男の見極め方をつくづく間違っていたことを思い知らされました。

その彼こそが私の今の旦那様です。

次回は旦那となる人と出会うとどう感じるのか、他の人との印象の違いはあったのかなど、運命の人と出会う時に私が感じたことや、成婚退会のその後についてお伝えします。

ノッチェが少しでも気になったという方は、まずは無料診断をしてみてください。

あなたにいい方が見つかることを心から願っています。

結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】
本気で結婚したいあなたに!<ノッツェ>

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です