結婚相談所に入るベストタイミングはいつなのか

オススメの結婚相談所
体験談

「結婚相談所に入会するベストタイミングはいつですか?」との問いには、反射的に「今でしょ!」と答えます。

ライフサイクル上で語られる「結婚適齢期」というものが存在する一方で「結婚したい!」という気持ちは、幼稚園児からおじいちゃん・おばあちゃんまで、いくつになっても持ってよいものです。

結婚に憧れる気持ちを持つことは、誰にも止められません。

結婚相談所に入るのはまだ早いと思ってませんか?

「結婚相談所は、婚活の最後の最後で行くところ」そんなイメージを持つ人も多い一方、SNSやアプリで友だちや恋人を探すのになれた世代がその勢いを保ったまま、結婚相談所へ入会していることがメディアでも多く取り上げられるようになりました。

そんな時代になった今、「結婚したいな」と思い立ったら仲人型結婚相談所へ行ってみる、というのは決して早まった行動ではありません。

ここでは憧れではなく、実際の婚活開始のベストタイミングについて、世代別に見ていきましょう。

「20代」「30代」「40代」それぞれのベストタイミング

「結婚したいときが、結婚適齢期」。

おそらく多くの結婚相談所で、会員と接するスタッフの総意でしょう。

とはいえ、世間で言う「結婚適齢期」の設定というものがありますし、年齢によって入会時の心境や考え方は変わります。

ここでは結婚相談所会員のボリュームゾーンである「20代」「30代」「40代」の年齢別に、入会のベストタイミングを見てみましょう。

20代

20代女性は「婚活市場」では、最強です。

若々しい美しさはもちろん、将来子どもが欲しいと考えている男性からみると、ふたりきりの甘い時間を過ごしてから子どもをつくる、といった余裕が感じられますし、反対に子育てのゴールをまだ若いうちに迎えたいというライフサイクルを求めているなら、ぜひ20代のうちに結婚したい、という考えもあるでしょう。

20代男性も同様に、子育てを視野に入れた際には、とても魅力的な存在です。

体力勝負の子育てに、若いパパは頼もしいですし、住宅購入等のことを考えると、現役時代が長いというのはプラスなポイントです。

また20代男性が結婚相談所で本格的な婚活をしているというのは「実年齢よりも大人っぽい考え方ができる人」「しっかりしている人」「真面目な人」「きちんとしている人」という印象を与えるようです。

外見の若々しさと相まって、20代女性と並ぶほどの人気を誇ります。

男女どちらも「もう少し経験を積んでからの方が良いのでは?」「そんなに急がなくても」と周囲から言われることも多いかもしれませんが、本気で「結婚したい」と思うなら、ちょうどよい年齢と言えます。

また、婚約期間を十分に確保し、新生活準備がゆとりを持ってできるのも、この世代ならではのメリットでしょう。

とにかく焦らず、じっくり婚活ができることから、この世代の人たちは「結婚したいかも」と思ったポイントで入会するのがベストタイミングと言えます。

30代

男女とも「旬の婚活ゾーン」と言える年齢層です。

同世代の結婚式に出席することが増え、自分の兄弟姉妹や友人に第一子となる赤ちゃんが誕生するのも、ちょうどこの頃がラッシュではないでしょうか?

結婚相談所会員のプロフィールを眺めてみても「友人の披露宴に出ているうちに」「姉が結婚し、赤ちゃんが生まれたことで」といった理由が入会の動機につながったとしている人も多いです。

また周囲の年長者から「結婚はまだ?」と訊かれることが多くなるのもこの頃です。

婚活市場においても成婚しやすさは高く、入会から半年~1年前後で成婚退会を迎えることが多い層です。

男女とも社会ではリーダー的な立場になり、収入も安定、自分というものが見え始め「大人である」という自覚が芽生え、充実した30代は結婚相談所に入会し、本格的な婚活を始めるのにピッタリな年代と言えます。

40代

仕事やプライベートで、ミルフィーユのように美しいキャリアを重ねた大人世代。

あくまでも数値の上ですが「成婚率が100%を割る層」と言わざるを得ません。

女性は40代前半から、男性は40代後半から成婚率が100%を割り込んできます。この理由は結婚の目的が「子どもを持つこと」にあるからです。

40代はもちろん、すべての年代の婚活で覚えておいて欲しいのは「子作り・子育てだけが結婚の目的か」という「問い」を真剣に持つことです。

年齢が上がれば妊孕性(妊娠のしやすさ)が下がるという摂理はありますが、子どもは神さまからの授かりもの。

20代前半で不妊治療を経験する人も多くいますし、女性男性とも同じ確率で不妊原因があるとも言われています。

結婚の目的は、人それぞれでよいのです。

しかし、もし「ここで結婚するのが、子どもを持つ最後のチャンス」という焦りからの婚活であれば、結婚相談所入会と同時、あるいは入会を迷っている時点で不妊治療クリニックで検査や適切な体質改善をしてみるのもよいでしょう。

結果次第では「夫婦ふたりで支え合っていく結婚=子どもはいらない」という目的にシフトするかもしれません。

子どもの有無はともかく、40代最大の魅力は経験値の高さからくる余裕とゆとりです。

たくさんの喜怒哀楽を経験し、若い頃なら大騒ぎだったことも、大人である40代はものの5秒で解決できてしまうことも。

子育てについても精神的には落ち着いてできた、と感じている大人パパ・ママが多く、子どもたちも穏やかに育つと言われています。

ひとりの時間の充実を経験したからこそ、さらに味わい深い「ふたりの時間」を持てるのが40代の魅力。

幸せな結婚ができるチカラは、他の年代に決して負けてはおらず、まったく別の魅力がそこにはあるのです。

「低収入」や「低学歴」でも大丈夫?

「高収入」「高学歴」これに「高身長」がプラスされれば「3高」と呼ばれます。いわゆる「ハイスペック」会員です。

結婚相談所での婚活が気になり始め、ネットで検索をし続けるとハイスペックな会員情報ばかりが目に入り、自分が「ロースペック」に見えてくる方も、もしかするといるかもしれません。

「私は低収入だし、低学歴……。こんな私でも、結婚相談所で婚活できますか?」

そう問われたら。

「大丈夫です!」

もちろんそう答えます。

少なくとも、そのふたつの理由で婚活や結婚ができない、ということはあり得ません。

ただし、会員をハイスペックに限定している結婚相談所もありますから、そうではない結婚相談所を選び、入会する必要はあります。

例えばIBJ/日本結婚相談所連盟の規定では「男性会員は安定した収入があること。」とされています。

しかし、下限は定められてはいません。また女性は収入の申告については自由です。

学歴についても「中卒」という項目を選択できます。

結婚相談所に入会したての会員は、どうしても「条件」でお相手を探しがちです。

しかし、結婚の決め手は「人柄」そして「相性」です。

一見すると「低収入」「低学歴」は不利な条件に見えるかもしれません。

けれど、結婚相談所の婚活カウンセラーやコンシェルジュと呼ばれるスタッフたちは、その人の中に光るオリジナルな魅力を引き出し、効果的にアピールすることができるプロフェッショナルです。

彼らと二人三脚で取り組める婚活は、自分ひとりで偶然の出会いを待つより、ずっと頼もしく、勇気が湧いてくるはずですよ。

すでに婚活を始めるのが遅いと思っている方へ

「今から婚活なんて……。手遅れ?」この記事を読みながら、そんなふうに思っている方、いらっしゃいますか?

この悩みは結婚相談所で無料カウンセリングを受けられる方にも多い悩みのようです。

こんな悩みがある、ということで明確になることがあります。

それは、あなた自身が「結婚したい!」と、心から願っていること。

悩みが生まれることで、自分の中にある「真の望み」に気づけます。

冒頭でもお伝えしたように、いくつになっても「結婚したい」と思ってよいし、生きている限り幸せを追求してよいのです。

このような悩み、もちろん年齢層が高くなると抱く内容ではありますが、「私が婚活なんて、していいのかな」ということで思い悩む人は、どの年齢層でも多く存在します。

婚活をしてはいけない人がいるとしたら、法律的に結婚が許されない年齢の人たちと、既に結婚をしている人たちだけです。

結婚相談所での婚活、最大の利点は「ひとりぼっちじゃない」ということ。

婚活カウンセラーと二人三脚で、幸せな結婚へと一歩一歩進んでいくことができるのです。

「結婚したい」と思うこと。それに思い悩み、葛藤することは、運命の人と出会うサインのひとつかもしれません。

まずは無料で相談してみよう

いかがでしたか?

「案ずるより産むが易し」という言葉があります。

結婚相談所での婚活が気になり始めたら、それは「運命の人と出会う」サイン。

無料相談カウンセリングでは、結婚相談所での婚活に関するさまざまなことが聴けるのはもちろん、結婚相談所との相性を確認することもできます。

強引な勧誘をされることもありませんから(強引だ、と感じられる場合、それは相性が合わないということです)、安心して訪れてみましょう。

気になる結婚相談所をいくつか訪問し、相性がよい相談所を探しておくのも、婚活をスムーズにする方法のひとつです。

経験や体験談などを集めて、その中からオススメの結婚相談所をまとめてみましたので、まずはこの中から探すのもいいと思います。

勇気を持って踏み出した第一歩は、幸せな未来への第一歩です。

気負わず、安心して踏み出してみましょう。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です