結婚相談所ではプロポーズは男性がするものなのか

婚活をしていつかは素敵なお相手と出会って結婚する。

「結婚」を最終目的として婚活しているという方がほとんどだと思います。

結婚に至るまでには「プロポーズ」という大仕事があります。

一般的には男性がプロポーズをすることの方が多いとは思います。

ですが、プロポーズに決まった形はありません。どちらがしてもいいことです。

それよりもプロポーズのポイントは「結婚したいと思ったタイミングに出来るか」です。

どちらがプロポーズした方がうまくいくのか、成婚退会、そして結婚までのリアルな道のりを、結婚相談所の元カウンセラーの私がご紹介していきますね。

幸せな結婚の一歩に繋げてくださいね。

どのくらいの期間でプロポーズがあるの?

婚活をしていく上で、プロポーズは向き合わなくてはいけないことがらです。

重要なターニングポイントになりますので詳しくお話ししていきますね。

恋愛結婚のプロポーズまでの期間は

恋愛結婚の場合、どのくらいの交際期間を経てプロポーズを受けていると思いますか?

恋愛結婚で多いのは「3年から5年」のようです。

ですが、その次に多いのは「半年から1年」なのです。

この数字を見る限り、プロポーズまでの期間に決まりはないというのがわかります。

当たり前ですよね。

「交際期間0日婚」なんて言葉が聞こえてくる今日この頃です。

短い期間で結婚するカップルもいれば、長く付き合って結婚を決めるカップルもいます。

自由に恋愛していく中で「必ずこの期間内にプロポーズしなくてはいけない」という決まりはありません。

一番は「この人と結婚したい」と思った瞬間がプロポーズをすべき時なのでしょう。

結婚相談所で出会った場合のプロポーズまでの期間は

さて、恋愛結婚の場合はプロポーズまでの期間は決まっていないというのはわかりました。

ですが結婚相談所で出会った場合のプロポーズまでの期間は、恋愛結婚とは違ってきます。

結婚相談所で出会い、交際からプロポーズまでは「3ヶ月」をひとつの目安としている方が多いようです。

長くても「半年から1年」までにはプロポーズするか、交際をやめるかを決める方がほとんどのようです。

それはなぜか。

「結婚を前提としたお付き合い」だからです。

「婚活」は結婚したいと考える男女が、結婚に向けて活動するから「婚活」です。

何を当たり前のこと言っているの?

そう思う方もいるかもしれません。

ですが、お付き合いに発展すると「婚活」だったことを忘れて通常のお付き合いをしたいと考える人も出てくるのです。

結婚相談所で出会ったから、恋愛をしてはいけないと言っているのではありません。

ですが、結婚願望があることを忘れてはいけないのです。

特に晩婚化している今、少しでも早く結婚したいと婚活を頑張っている方がほとんどです。

結婚相談所で出会った場合、長い交際期間は必要ないのです。

ですから「交際から3ヶ月」が結婚相談所でのプロポーズの目安とされているのです。

プロポーズは男性からするものなのか

プロポーズは男性からしなくてはいけないのか…難しい問題ですね。

女性目線と男性目線で分けてお話ししていきましょう。

プロポーズは男性からしてほしいと考える女性の気持ち

女性であれば、一度は理想のプロポーズについて考えたことがあると思います。

  • 記念日にバラの花束と婚約指輪を渡されプロポーズ
  • 誕生日にホテルのレストランでデザートともに結婚指輪が運ばれてくるプロポーズ
  • 何気ない日常で、「結婚しようか」と不意にされるプロポーズ

本当にそんなロマンチックなプロポーズあるの?と思いながらも夢を持っているのが女性なのです。

女性はいつまでも乙女です。

プロポーズに憧れや夢は持っているものです。

男性からプロポーズされたいと思っている方が多いのは言うまでもありません。

ですが、必ず男性からプロポーズをされなければ結婚へ発展しないかというとそれはNOです。

自分からプロポーズしたいと思っている女性もいるでしょう。

また、結婚するのに明確なプロポーズがなくても大丈夫という女性もいます。

お互いの気持ちが結婚に向かっているなら、そのまま流れで結婚に進むカップルもいます。

お互いが結婚という同じ方向に向かっているかが大切なのだと思います。

プロポーズは男性がするものと思ってしまう男性の気持ち

では、男性はどう考えているのか。

やはり、素敵なプロポーズをしたいと考えている男性は多いと思います。

特に結婚相談所で婚活をしている男性は、結婚への期待や夢を持っています。

ですので、プロポーズについても夢を持っている人が多いと思います。

以前結婚相談所でカウンセラーをしていた際にこんな相談をされたことがありました。

その方は32歳、薬剤師の男性で、女性とお付き合いした経験がない方でした。

同じ大学の同窓生が結婚相談所で結婚が決まったために、自分もここで結婚したいと希望を持って結婚相談所に入会されました。

お付き合いする女性と出会ってからも、初めてのことが多いからか何度も相談の連絡を受けていました。

その中で彼は、「プロポーズは彼女の誕生日にしたい。」という夢を語っていました。

お付き合いが順調に進んでいたある日、その男性からこんなメールが届きました。

彼「来月、彼女の誕生日なのでプロポーズをしたいと考えているんです。」

私「とても素敵ですね。どんなプランを考えているのですか?」

彼「ホテルのディナーを予約しようと思っているんですが、指輪などはどうしたらいいでしょうか?よく婚約指輪は給料の3ヶ月分って言いますよね?」

私 婚約指輪の相場を給料3ヶ月分って思っている人まだいるんだ…(心の声)

私「ホテルのディナーいいですね。指輪は用意した方が女性としては嬉しいですけど、指輪のサイズはわかりますか?」

彼「指輪にはサイズがあるんですね。わからないです。どうしたらいいですか。」

私 指輪にサイズがあることも知らない…どうしたらいいのか(心の声)

私「指輪は好みもあったりするので、サイズがわからないのであれば彼女と選ぶということも今は多いようですよ。」

彼「そうなんですね。でも、指輪ケースをパカって開けて結婚してくださいっていうのが夢なんです。」

私「夢は叶えたいですよね。それなら、サイズを後から無料で直してくれるお店もあるのでそのようなお店で購入したらどうでしょうか?」

彼「指輪のサイズは直せるんですね!でも、どんな指輪が人気なんでしょうか?」

私「有名なところですと、ティファニーやカルティエ、ハリー・ウィンストンなどでしょうか。」

彼「初めて聞いたお店ばかりです。困りました。一緒に探してもらえませんか?」

私「一緒に探すのは難しいので、まず百貨店のジュエリー売り場に行ってみてはいかがでしょう。店員さんに相談するのが一番だと思いますよ。」

彼「わかりました。行ってみます。他に用意することはありますか?」

私「予約するホテルの方にプロポーズをすることを話して、お手伝いをしてもらうにはどうでしょうか?協力してくれると思いますよ。」

彼「わかりました!いろいろありがとうございます。頑張ってみます。」

こんなやり取りをして、私が思ったことは

「こんな純粋な気持ちでプロポーズに臨む人がいるんだ」

やっぱり結婚って素敵だな。

そんなほっこりとした気持ちになりました。

気になると思いますが、そんな彼のプロポーズはと言いますと…

「もちろん大成功でした!」

用意した婚約指輪はティファニーという王道!

ホテルの方にも協力してもらい、夢の指輪ケースパカっとしたのちの「結婚してください」。

彼女の答えは「お願いします。」

指輪サイズは案の定、大きすぎたようですが小さくて入らないという落ちよりもいいですよね。

その後、一緒に指輪のサイズ合わせとともに、結婚指輪まで予約してきたようです。

ふたりはそのまま成婚退会されました。

夢はプロポーズをする方にもあるのだと、改めって感じた体験でした。

女性に夢があるように、男性にも夢があるのです。

プロポーズはどんな形であれ素敵なことだと私は思います。

プロポーズはどっちがするべき?

結局、プロポーズはどちらがするべきなのか。

答えは「どちらがしてもいい」です。

答えになっていませんね。

ですが、プロポーズはあった方がいいです。

なぜなら、結婚するにあたって「一番聞かれること」だからです。

両親へ結婚の報告をした際、友人や恩師、会社の人などに結婚の報告をした際には必ず聞かれると思います。

「プロポーズはどうだったの?」と。

「2人だけの秘密」

なんて答えを言わないことももちろんできますが、この「2人だけの秘密」は本当にプロポーズがあったから言える言葉です。

プロポーズがなかったら嘘になりますから、なんとなくモヤモヤします。

ですから、私は「プロポーズをすること」をおススメしています。

プロポーズされたら受けないといけないのか

では、プロポーズをされたら必ず受けなくてはいけないのか。

短い期間でプロポーズされたら悩んでしまうこともありますよね。

そこについてお話していきますね。

恋愛結婚のプロポーズの実情

恋愛結婚の際のプロポーズの成功率は約70~80%と言われております。

プロポーズをすると成功する確率がかなり高いようです。

また、女性からのプロポーズは成功率90%越えと男性がプロポーズをするよりも成功率は高いようです。

今の時代、女性からの逆プロポーズがチャンスなのかもしれませんね!

ですが、断られている人もいるのが現実です。

その断りの理由気になりませんか?

理由はもちろん様々ありますが、

  •  結婚は早いと感じたから
  •  仕事の面で結婚に踏み切れなかった
  •  金銭的に将来が心配だった
  •  結婚自体考えていなかった

以上の4つの理由が多いようです。

恋愛と結婚は違うなんて聞いたことがありませんか?

好きだけど結婚は考えていない。

今は仕事を頑張りたいと考えている。

など、そもそも結婚を考えていなく交際している人も多くいるのが現実です。

仕事面や金銭面、自分の結婚のタイミングなど色々と乗り越えなくてはならないことが多くあるようです。

結婚相談所で出会った場合のプロポーズの実情

結婚相談所で出会った場合はどうなのか。

正確な数字はありませんが、お互いが結婚願望を持っていることは間違いありません。

普通の恋愛よりはプロポーズの成功率は高いと考えられます。

ですが、プロポーズを断ることがダメなわけではありません。

お互いが結婚を考えていても、「価値観が違う」「譲れない条件がある」など結婚に繋がらない出会いもあります。

ここで一番伝えたいことは、結婚相談所で出会ってお付き合いに発展し、プロポーズを受けた際には「YES」か「NO」をはっきりと伝えましょう。

これはなぜか。

もしプロポーズを断られた場合、プロポーズをした側は次の婚活へ進む必要があります。

断ったら申し訳ないなどと考えて「時間を欲しい」といって1ヶ月などの時間を取らせてしまっては余計に結婚への道をふさいでしまうことになります。

恋愛の場合は、1年後なら結婚も考えられる…ということもあるでしょう。

ですが、婚活中の1年は待つ価値がない無駄な時間なのです。

ですから、もしお付き合いをして「合わないな」「この人と結婚を考えられない」と思ったならその時点でお断りをしましょう。

そうして、お互いにまた婚活を頑張れる環境作りをすることが大切です。

成婚退会したら必ず結婚しなくてはいけないのか

では、プロポーズをされてめでたく成婚退会まで進んだとします。

その後待ち受けていることは何かお話ししていきますね。

そもそも成婚退会とは?

そもそも成婚退会とは、どのような状態か。

入籍したとき?

婚約したとき?

同棲を始めたとき?

両家の挨拶が終わったとき?

プロポーズが成功したとき?

その答えは「結婚相談所によって違う」です。

成婚の定義は大きく分けて2つです。

  • 2人ともが結婚の意思を固めた状態(プロポーズをOKした状態)
  • 1人に絞った結婚前提のお付き合いスタート

お付き合いが始まった時点で成婚と言われてもピンときませんよね。

ですが、その時点で成婚ですと言われる結婚相談所もありますので、入会の際に確認しておくのをおススメします。

成婚退会後の結婚までの流れ

2人ともが結婚の意思を固めて成婚退会したとします。

その後はどう進んでいくのか。

もちろん人によって違ってきますが、一番多いパターンを紹介しますね。

1. 親御さんへの挨拶

一般的には男性側が女性の親御さんへの挨拶を先にすることが多いです。

その後、男性側の親御さんへも挨拶を済ませましょう。

2. 両家顔合わせ(結納)

今は結納を盛大に行うことが少なくなってきています。

もちろん地域によっても違います。

ですが、少なくとも結婚式・入籍前には両家の顔合わせをすることをおススメします。

3. 結婚式場の予約・打ち合わせ

結婚式を挙げるかどうかはふたりと親御さんが決めることです。

もし結婚式を考えているのなら、結婚式の半年前くらいから打ち合わせは始まります。結婚式場まわりをデートコースに組込んで結婚式をどうするか考えるのもいいですよ。

4. 結婚指輪探し

結婚指輪をどうするのかも入籍前に相談しておくといいでしょう。

ここは男性よりも女性が主導権を握って話を進めてもいいと思います。

5. 2人の新居探し

新居探しはとても大変な作業です。

1人暮らしをしているのか、実家暮らしなのかによっても違ってきます。

お互いの職場への通勤やライフワークに合った場所を探してください。

家具や家電についても一緒に考えてくださいね。

6. 入籍(婚姻届の提出)

どのタイミングで入籍するかはそれぞれです。

結婚式当日という方も多いと思います。

2人の大切な記念日になる日ですので、よく話し合ってくださいね。

7. 結婚式

結婚式当日は楽しむだけです。

それまでの準備が大変ですから頑張りましょう。

8. 新婚旅行

やっと新婚旅行までたどり着きました。

素敵な思い出を作ってくださいね。

「成田離婚」なんてことにならないよう大きな気持ちを持って旅行に挑みましょう。

といったところが大体の流れです。

期間にすると、短くても3ヶ月、長ければ1年近くかかるかもしれません。

成婚退会してからの道はこんなにも長いのです。

ですが、夢にもみた結婚への道のりです。2人で協力して進めていきましょう。

成婚後に破局することはあるのか

成婚退会から結婚までの話をしてきましたが、必ずしも結婚まで進むとは限りません。

どこかで何かにつまづき、結婚まで至らないこともあります。

色々と結婚について相談してくと、お互いの価値観の違いや、今まで見えなかった相手の欠点が出てくるかもしれません。

結婚とは家族同士の問題でもあります。

クリアできない壁にぶつかることはありえるのです。

壁にぶつかったからといって結婚を諦めろとは言いません。

ですが、ひとまず立ち止まってみる時間も大切です。

「結婚は勢い」

だなんていう人もいますが、結婚は人生において自分で決める大切なターニングポイントです。

もし、結婚が難しいと判断したならその気持ちをお相手にしっかり伝えましょう。

何が破局の原因かをしっかり伝えることで、相手の背中を押すことになります。

理由がわからないまま破局すると悩みや憎しみ、悲しい気持ちだけが残ってしまいます。

たとえ理由がわかっても、何が悪かったのか、どこかで道を誤ってしまったのか悩むかもしれません。

ですがそんなに悩む必要はないのです。ただ縁がなかっただけなのです。

気持ちを立て直して、再度婚活を頑張りましょう。

どこかには必ず運命の相手がいるはずです。

結婚を焦らず幸せになれる相手を見極めて

結婚は焦ってするものではありません。

出会いを増やしたからといって、すぐに運命の相手に出会えるとも限りません。

ですが、結婚相談所で成婚し幸せな結婚まで進むためには諦めないことです。

そして、自分の気持ちに正直になることです。

自分の気持ちに嘘をついて幸せにはなれません。

  • 今、自分が幸せか
  •  自分が本当にその人と結婚したいのか
  •  二人の幸せな将来が見えるか

この3つを頭の隅において婚活していただけたら幸せな結婚へ道は続いていきます。

自分を大切にして婚活を頑張ってくださいね。

素敵な相手と素敵な結婚ができるよう、願っております。

素敵な相手がいるオススメの結婚相談所をこちらにまとめましたので、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です