親が子供を結婚相談所に入れても問題はないのか

オススメの結婚相談所
体験談

結婚は、もちろん当人同士の問題です。しかし、その後ろに「家族」「親族」という縁(ゆかり)がある人たちがいるのも事実。

いわゆる適齢期にある自分の子どもが、結婚という未来を真剣に考えているかを心配する親は多いでしょうし、仮に親は「当人の問題だから」と関知しなくても、祖父母やおせっかいな親族が親に「あなたは子どもの未来を考えているのか」と詰め寄ってくることもあるかもしれません。

ここでは、結婚相談所での親子での婚活について、さまざまなパターンと考え方をお伝えしていきます。

親が子供を結婚相談所に入れることはあるのか

某大手結婚相談所では、たとえ血縁関係にある者でも「代理入会」はNGとされています。

まず会員本人が結婚を望んでいなければ、スムーズな婚活につながらず、せっかくセッティングできたお見合いについても、本人に結婚の意志がなければ、お相手に対して大変失礼なことになるからです。

そして結婚相談所への入会に際し、本人が結婚を望んでおり、入会条件を満たし、「本人が申し込みをする」必要があるためです。

しかし、代理入会NGの結婚相談所でも、未婚の子を持つ親をサポートし、入会に導くことは多くあります。

かつて、結婚相手を探す際には親の勤務先や地域のコミュニティを経由して、お見合いの情報が届くことが多くありました。

現在はそのようなケースは激減しているため、結婚相談所がその「地域のおせっかいさん」の役割を担っています。

特に老舗の結婚相談所では「親の会」といった名称で、盛んに親向けの婚活説明会が開催され、結果として子ども本人が入会するというフローがあります。

そのような結婚相談所での仲人は、親の気持ちも、また「今は結婚する気がない」と考えている子の気持ちも理解でき、無理強いすることなく婚活をスタートできるようアドバイスをくれるため、悩める親たちの駆け込み寺のような存在になっています。

「親子婚活」あるある

親がそろそろお年頃の子どもに、結婚についての考えを訊いた際「今仕事が忙しくてムリ!」「結婚相手くらい自分で探すよ。放っておいて!」と、つれない返事をされてしまう。

そんな悩みを持つ親御さんも多いことでしょう。

そんなときは、まず、親御さん自身が結婚相談所を訪れてみることです。

先に述べたように、結婚相談所のカウンセラー/仲人は、結婚させたい親の気持ちも、また、結婚を渋るような返事をする子どものパターンも数多く経験し、対応策を熟知しています。

親の考え方次第では、現時点での婚活そのものを勧めないケースもあるでしょうし、カウンセラーが親に実践的なアドバイスをし、子どもが婚活に興味を持てるような話の誘導の仕方を教えてくれたりもします。

また、同じ悩みを持つ親が交流できる会員組織などもあり、結婚に興味がない子どもを持つ親にとってはホッと一息つける時間が持てるようです。

また、子どもが親と一緒に婚活を進めたいと考えるパターンも多くあります。

結局のところ、結婚は人と人との結びつきです。

せっかく成婚に結びついても、その相手を親に反対されたら、親の説得という大きな山を登らなくてはなりません。場合によっては、高い成婚料を払った挙げ句に「破談」などという危険も孕んでいるのです。

だったら婚活開始前から親と一緒に、結婚相談所選びからスタートさせましょう、という考えで婚活に臨むのは、とても合理的な考えと言えます。

お見合いから仮交際→真剣交際へと進む際に「本当にこの人と真剣交際へ進んでいいものか」と迷う子どもに対して、親が結婚経験者としてアドバイスできる環境は、結婚が家と家との結びつきでもある以上、理想的とも言えるのではないでしょうか。

もちろん、すべての決定権は婚活当事者である子どもにありますが、人生の先輩である親に、いつでも気軽に相談できるのは、親子婚活のメリットのひとつかもしれません。

どのタイミングでのお付き合いも「親公認」であるため、成婚後に破談、といった揉め事も回避しやすくなりますね。

この他、祖父母が孫の婚活を応援したいから、と、活動費等、結婚相談所での婚活に必要な資金を援助してくれるケースも多くあります。

かわいい孫が幸せになるためになにかしてやりたい、と考えるおじいちゃま・おばあちゃまは多くいます。

孫も、親から言われると癪にさわるようなことでも「おじいちゃん・おばあちゃんに言われちゃあなあ」と、態度を軟化させたり、素直にアドバイスを受け入れ、それまで興味がなかった婚活に対し、積極的になるケースも多いようです。

実際に自己PR文に「婚活のきっかけは、祖母から『早くあなたのお婿さんが見たいわ』と言われたからです」といったフレーズが、また、担当カウンセラーからの紹介文に「プロフィールにもあるように、おばあさまからのご紹介で当相談所へ入会されました。

ピアノの先生をされているおばあさまに教わって、3歳から習い始めたピアノは……」などとファミリーヒストリーが書かれてることも多く、家族総出で結婚を応援したい、という姿勢が見受けられ、結果的にお見合い成立に結びつきやすくなるようです。

親が子どもの婚活を正しく応援するには

まず第一に、子ども本人が「本当に結婚をしたいかどうか」を確認しましょう。

どの世代でも、初婚にせよ再婚にせよ、世間体や経済的な事情等から結婚を考えている場合、仮に成婚まで進んだとしても、未来を実りあるものにするのは難しいことでしょう。

家督を継ぐことや、名を残すことにこだわるあまり、本人の意志とそぐわない方向へ誘導するのも好ましくありません。

結婚相談所へ入会する場合、最終的には本人が入会申し込みをしなくてはなりません。

その時点で、結婚相談所側は「この人には、本当に結婚をしたいと思っているのか」の意思確認をします。

もし「実は親が……」「やむを得ず」と発言するなど、実は結婚の意志を持っていないと見受けられ「この方を成婚に導くのは、私達では力が及ばないかもしれない」と判断をした場合、申込者に再考を促したり、入会を断ることもあり得ます。

婚相談所の会員は「本人が結婚をしたいという意志があること」が大原則ですから、それにマッチしなければ入会することができないのです。

親子で婚活の話ができない状況であれば、親御さんご自身が「なぜ自分はあの子をこんなにまで結婚させたいのだろう」と省みることも必要かもしれませんね。

自分で考えても堂々巡りになるようでしたら、先にご紹介した「親の会」の活動を主とする結婚相談所で話をしてみるのもよいでしょう。

それまで結婚に興味がなかった子どもに、興味を持ってもらえるヒントが得られるかもしれないし、自分自身が子どもに結婚を強要していたことに気づくこともあるかもしれません。

また、子ども「結婚したい!」「婚活、がんばる!」と、明確な意志を持っている場合、あくまでも結婚するのは「子ども」である彼女や彼らであることを忘れないでください。

決定権はすべて当事者である子どもにあります。

「クソバイス(クソみたいなアドバイス)」と呼ばれるような、いらぬおせっかいはしないこと。

また、優柔不断で、親に決めてもらいたがる子どもについては「あなたの人生は、あなたが決めて生きるのよ」と、自分の人生は自分で切り拓いていくことを伝えてあげてください。

その上で、人生の先輩として、また、成長を見守り続けてきたかけがえのない存在として、思ったこと、感じたことを伝えてあげましょう。

結婚は本人が幸せになるため

結婚を強く進める理由のひとつに、親御さんご自身が「結婚によって幸せを得たと感じている」というのが挙げられるかもしれません。

また、逆もあるでしょう。

親御さんご自身が自分の結婚を「失敗」「不幸」と捉えている場合、「自分の子どもには自分の分まで幸せになって欲しい」として、「経済的に安定し、身元の確かな相手と結婚してもらいたい」との思いから、結婚相談所への入会を強く勧めたい欲求にかられる、ということもあるかもしれませんね。

しかし、人生の肩代わりができないように、結婚の意志は本人にしか決められないのが今の時代です。

藤原北家による摂関政治のため娘を天皇に嫁がせ、その子を天皇にし、政治に介入してきた平安時代でもなければ、「玉の輿」という言葉が生まれた江戸時代でもないのです。

親同士や家長が本人の意志とは関係なく結婚相手を探す時代ではありません。

「恋愛結婚」「お見合い結婚」という言葉の意味合いも変わりつつあります。

「お見合い」は、あくまでも結婚を前提とした相手と恋愛をするための「出会いのパターン」のひとつに過ぎないのが、今の時代なのです。

今の日本では、その人が「幸せな人生を生きる」選択肢のひとつとして、結婚というステップがあります。

言い方を変えれば、幸せな人生を生きるために「結婚をしない」という選択肢を選ぶこともできる時代・文化にあるのです。

結果として、その子どもの判断が自分の意図から外れたとしても、それは受け入れるべきです。

実はその決断が、子どもにとって幸せへの最短・最高の結果をもたらすかもしれませんし、未来は誰にもわかりません。

今、あなたの子どもがどんな理由にせよ「結婚したくない」と思っているのなら、ある程度のラインからは干渉しないでおきましょう。

次の日に「……婚活、してみようかな」と自分から言い出し、行動を始めるかもしれません。

それが何年か後になり、子どもを持つことや結婚そのものが難しくなることを心配してあせってしまっても、結果として、それを選んだのは彼ら自身であることを忘れてはいけません。

そして、それが必ず不幸になる、間違った人生である、と言えるでしょうか?

おそらくそれは「学びを得た」「経験を得た」「自分の人生を生きた」という「豊かさ」につながるはずです。

自分の人生は、自分にしか生きられないのです。

自分の人生を、自分で生きてこそ、幸せであり、豊かな人生と言えるのではないでしょうか。

お子様を結婚相談所に入れるか悩んだ場合、まずはこちらの結婚相談所に無料で相談してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所の中でも評判がよく、親身になって相談に乗ってくれるオススメの結婚相談所をランキングで紹介しております。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です