結婚相談所で短い交際期間で結婚相手を決めて幸せになれるのか

オススメの結婚相談所
体験談

周りの友人から結婚の報告をよく聞くようになったな。

結婚適齢期…そろそろ本腰を入れていいお相手を見つけたい。

結婚相談所で婚活を始めてみようかな。

そう思っている人は多くいると思います。

なのに、一歩を踏み出せない。それはなぜか。

結婚相談所のホームページには「結婚相談所での婚活は、活動期間が1年から長くても2年。交際期間3か月で成婚する方多数」そう書いてあるのをよく見ますよね。

短い交際期間で本当に結婚って決められるの?

そう思っているから踏み出せないのではないですか?

不安になるのは当たり前です。

その不安を少しでも取り除くため、某大手結婚相談所でカウンセラーをしていた私が経験を交えてお話していきますね。

結婚相談所は交際期間が決まっている

結婚相談所は交際期間が決まっている?と不安な方は多いのではないでしょうか?

では先に結婚相談所での交際、さらにはご成婚への道のりを簡単にご紹介しますね。

1. 会員登録

まず、プロフィール作成と各種必要類提出(身分証明書・独身証明・源泉徴収・最終学歴証明書類等)から始まります。併せてプロフィール写真の用意が必要になります。

それは、「親御さんやご兄弟に結婚相談所で婚活することを明言すること」です。

それはなぜか。お相手が決まり、親御さんにお相手を紹介する際のハードルを下げるためです。

いつ、結婚相手を連れて行っても、ご両親が驚かない環境を整えましょう。

2. お相手探し

データマッチングや、結婚相談所からの紹介、お見合い、婚活パーティなどを活用しお相手探しを積極的に行いましょう。

入会した結婚相談所で使える出会いの方法にはすべて挑戦することをおススメします。

データマッチングと婚活パーティで出会えるお相手は違います。

データマッチングで出会える方は、「あなたとお相手両方の条件が一致した方のみ」で、希望条件に合った方と出会えるので、条件面で不安になることはないと思いますが、年齢や職業・年収といった一般的な条件だけで話しや価値観が合うとは限りません。

逆に、婚活パーティで出会える方は「実際に話をして、その方の見た目や印象で選んだお相手」となります。

条件がすべてマッチングするかはわかりませんが、価値観などを重視する方は、実際に会ってお相手を探すのもおススメです。

どこに自分の「運命のお相手」がいるかはまだわかりません。積極的に出会いに貪欲になってくださいね。

3. 仮交際

一度会った方とまた会いたい。もっとその人のことを知りたいなど、いいなと思った方とデートや連絡を取り合う期間です。この期間の間は、数名の方と同時進行が可能です。

ですので、お相手も他の方とやり取りしている可能性はあります。

もしこの方と…という方がいましたら、連絡はこまめに取ることをおススメします。

4. 真剣交際

この人と結婚を考えたお付き合いを始めたい!そう思ったら「真剣交際」の始まりです。

ここで、結婚相談所へ「真剣交際のための活動休止」伝えましょう。

ここからは2人での交際期間の始まりです。

他に連絡を取っていたお相手がいましたら、きちんとお断りの連絡を入れるのを忘れないでくださいね。

5. ご成婚

真剣交際が深まり、数か月経過。交際期間にお互い結婚への気持ちも深まり、待ちに待ったプロポーズ。

一緒に結婚する意志を固められましたら、結婚相談所へご成婚での退会を申請しましょう。

ここで結婚相談所での婚活は終了です。

あとはお二人で素敵な結婚へ向け進んでいってください。

これが結婚相談所での婚活の簡単な道のりになります。

では、真剣交際の期間って決まっているの?という質問にお答えしますね。

多くの結婚相談所では「交際期間3~6か月間」が共通ルールになっているようです。

また、完全に「交際期間は3か月以内です」と決まっているところもあるようです。

なぜこのように決まっているのか。ちなみに私がカウンセラーをしていた相談所では交際期間は明確に決まってはいませんでした。

なので、入会して2か月で真剣交際を始め、その後1か月でご成婚に至った方もいました。

また、1年間の交際期間を経てご成婚に至った方もいらっしゃいます。ですが1年間も交際期間に費やす方はごく稀です。

多くの方が交際をスタートしてから「3~4か月」の間に「ご成婚を決めて退会」または「交際を解消し婚活を再開する」のどちらかを選択します。

カウンセラーも、3か月を一つの目安にしてほしいとアドバイスすることが多いです。

こう聞くと、そんなに短い期間で成婚まで決められるの?そう不安になる方もいると思います。

ですが、結婚相談所で婚活する方のほとんどが「結婚したい」と思って活動していますし、「できることなら早く結婚したい」と考えているのです。

恋愛結婚する方の交際よりも、結婚相談所で出会った人との交際は密度が濃く深い期間になります。だからこそ短い期間でのご成婚に繋がるのです。

恋愛結婚では、例えばお相手から「結婚を前提に付き合ってください。」という告白から始まらない限り、すぐに結婚の話をするのは気が引きますよね。

付き合って3か月…そのくらい経ってやっと「結婚」というワードが出てくるというのが普通ではないでしょうか。

その普通の恋愛結婚のイメージが頭のどこかにあるから、出会って3か月で結婚するのは早いのではないかといった不安が出てくるのだと思います。

そのイメージは払しょくしてください。

今あなたは、普通の恋愛ではなく結婚相談所で始まった恋愛をしようとしているのです。

もちろん、この交際期間についてはあくまでも一つのデータです。不安を抱えたままのご成婚をおススメすることは決してしません。

ですので、納得のいく交際期間を経てご成婚へ進んでください。

結婚には納得することも必要です。

納得しないまま、不安を抱えたまま結婚してもいい結果は得られないことが多いでしょう。

また、結婚後に何かの壁にぶつかったとき、納得できないことがあるままだと小さな壁もとても大きな壁に感じてしまいます。

納得した結婚であれば、その壁を乗り越えるという選択肢が生まれます。その違いは大きいです。

交際期間が短くても、納得のいく、不安のない幸せなご成婚を目指しましょう。

併せて、「交際の解消・婚活の再開」も3か月を目安に決めるのがいいでしょう。

婚活は体力が必要です。初めて出会った方とのデートやお見合いは気を使いますし、緊張もします。

また、いいお相手に出会えて交際期間が始まっても、交際期間が長くなればなるほど、体力は消耗し、年も取ります。

例えば、2か月交際を続けた方から「お断り」されたとします。もちろんショックはあるでしょう。

でも、その方に費やした期間は2か月です。すぐに立ち直って、婚活を改めてスタートすることが出来ると思います。

ですが、交際期間が1年経過して「お断り」されたらどう感じますか?

この1年私は何をしていたのだろう。1歳年も取ってしまった。結婚なんてもうできないのではないか。

そんな後ろ向きの考えで頭の中はいっぱいになってしまうのではないでしょうか。

婚活を再開する元気はありますか?結婚したいという気持ちを持ち続けられますか?

婚活に、無駄な時間はありませんが、意味のない時間を作ってしまうことはあります。

ですが、極力意味のない時間は作ってほしくないのです。

婚活による時間の無駄遣いはご法度です。

時間の無駄遣いをしていないか、自分の婚活について見つめ直す時間も取ってみてくださいね。

悩んだときには、結婚相談所のカウンセラーに相談するのも一つの手です。

結婚相談所に入会した時点で、あなたは1人で婚活しているのではないのです。

カウンセラーがついていることも忘れないでくださいね。

短い期間で相手のことがわかるのか

さて、素敵な人に出会うことが出来て交際が始まり、結婚まで大きく一歩近づきました。

ですが、嬉しい反面悩みや不安も出てきます。私がカウンセラーとしてよく聞いた悩みは「出会ったばかりで相手ことがわからない」ことでした。

名前や年齢、学歴、職業、年収、趣味や特技などは結婚相談所で提供されるプロフィールに記載されていますよね。

最低条件の情報はお互いに知った上でお付き合いに至っているはずです。ですが、聞きたいことはもっと深い部分でしょう。

いつまでに結婚したいの・結婚式は・結婚後の住まいは・仕事は続けていいの・子供はいつ、何人など

なかなか聞きにくいから悩むのでしょうし、不安になるのです。

ではこの悩みの解決方法は?

ずばり「あなたのことをもっと知りたい」と聞くことです。

「えっ?お付き合いが始まってすぐなのに、そんなこと聞いていいの?」と思われる方もいるかもしれません。

安心してください。聞いていいのです。それはなぜか。

相手の方も同じ悩みを抱えているから

そうですお互い様なのです。

相手はきっと、「聞いてくれてありがとう。」と思っているはずです。同じ悩みを抱えているのですから共感し安心するのです。

併せて、「自分に興味を持ってくれているのだ。」と好印象を与えることにもなり、お互いの距離感も縮まるはずです。

そうなれば悩みの解決へ一直線。ふたりで聞きたいことを思う存分に話し合いましょう。

相手が質問に答えてくれれば、自分も答えやすいですよね。

聞きにくいことも、どんどん聞きましょう。答えにくい質問にも正直に答えましょう。

隠してもしょうがありません。結婚したらいつかわかることです。

私がカウンセラーをしていた際、30代前半の会員様からこんな相談を受けたことがあります。

「私は今までお付き合いした経験がありません。そのことについてお相手に正直に話すべきでしょうか?30代でお付き合い経験がないのはマイナスにはなりませんか?」

もし、あなたがこの方と同じ状況だったらどうしますか?話しますか?それとも、うやむやのまま、隠しますか?

私からのアドバイスは「正直に話しましょう。」というものです。

どうしてか。お付き合いの経験の有無で結婚相手を選ぶような、偏見を持った人と結婚してほしくないからです。

また、隠したとしてもいつか分かってしまいます。

例えば、親御さんの紹介した際、親御さんが「今までお付き合いなんてしたことない子だったのに。」なんて何気なく、もちろん悪気もなく言われたらどうしますか。どうすることもできませんよね。

そのことで、交際を打ち切られたらあなたはどんな気持ちになりますか?

私が選んだ人はこんな人だったのか。と落胆するかもしれませんし、異性に対して不安感や不信感が大きくなるはずです。

そうなった状態で婚活を再開してもうまくはいきません。

これは、自分のことを隠していたから起きる可能性があることです。正直に話していたら、こんなことは起きません。

だからこそ、「不安なことや自分が欠点と思っていること」は積極的に話すべきだとアドバイスしています。

そこを含めて好きになってくれる、結婚相手として考えてくれる人でなければ幸せにはなれません。

正直に自分のことを話し合ったこの時点で、お互いの考え方や、価値観違う、譲れない条件に合わないなど出てきたときは交際を終了することをおススメします。

なぜなら1人に執着することはないからです。

結婚相手として考えられない方と交際を続けても時間の無駄になるだけです。

それなら新しいお相手探しに時間を使ってください。結婚相談所とはそういう場所なのですから。

結婚相談所で出会った相手だからこそ、短い期間で相手を知ることが出来るのです。

性交渉がなく結婚して大丈夫か

相手を知ることは出来ました。ですが、出てくる悩みはまだあります。

しかもデリケートな部分「性交渉について」です。

なかなか誰かに相談できることではないですよね。カウンセラーに相談するのも躊躇する悩みでしょう。

私も正直、相談されても答えるのに困る内容です。

ですが、実際に会員様から相談されたことは何度もあります。

「出会ったばかりで抵抗がある。」「行為を断るとぎくしゃくするのでは。」「今まで交際経験がないので全て不安。」などなど。みなさんたくさん不安を抱えているのです。

では、不安なのは女性だけなのでしょうか?

答えは「NO」です。

男性ももちろん悩んでいるのです。不安なのは一緒です。

では、性交渉についての不安に私がアドバイスしてきたことは何か。

  • お互いの気持ちを尊重すること
  • 常に対等な立場で接すること
  • 嫌なことは嫌と伝えること
  • 相手が嫌がることはしないこと

この4つです。

この4つができる相手であれば、「性交渉の有無」など関係なく結婚相手にすべき相手だと私は考えるからです。この4つは、簡単そうで実は難しいことなのです。

なぜなら、相手のことを本当に想っていなければできないことだからです。

自分本位の考えがあるとこの4つは出来ません。難しいことだけど、守ってほしい重要なことなのです。

結婚には性交渉の有無よりも大切なことがある

本当にそうなの?そう思っている方はまだいるのではないですか。

実際に私が相談された詳しいお話をしますね。

今回の相談相手の会員様は28歳の女性です。半月前から真剣交際に入られていました。

そんな幸せいっぱいの時に相談してきた内容とは「性交渉が怖いです。経験もないし、実は身体目的なんてことはないですか?」ということでした。

まず私は、どうしてそんな不安を持ったのかを詳しく聞きました。そうすると、こんなことがあったというのです。

「一緒に婚活を頑張っていた友人が、婚活サイトで出会った男性とお付き合いして、性交渉をした途端連絡が取れなくなったということがあったんです。それを聞いたら急に不安になって。実は、先週初めてキスをしたんです。そうなったら次は性交渉ですよね?だから不安になって。」とのことでした。

私としては、結婚相談所で出会った相手と婚活サイトで出会った相手を比べないで。

そう思いました。

ですが、悩んでいる会員様にそれを伝えたところで不安は取り除けない。ここでのリアルな話し合いをお聞きください。

私「もしも性交渉に進んだ際には、一度断ってみたらどうでしょう。」

会員様「断って、嫌われませんか?」

私「断って嫌われたら、身体目当てという部分があったと思って、逆にこちらからお断りを入れましょう。そうして改めて違う方を探しましょう。」

会員様「そのくらい強気にいって大丈夫ですか?」

私「大丈夫です。男性の会員様は他にもたくさんいらっしゃいます。傷つく交際はするべきではありません。

会員様「わかりました。そうしたら、断る理由はどうしたらいいですか?」

私「そこは正直に、初めてなのでまだ不安があると言ってみるのはいかがですか?」

会員様「初めてなのを伝えるのも不安です。」

私「そこは頑張って乗り越えてください。我慢して性交渉に進むより不安ではないですよね?」

会員様「我慢するのは嫌です。一度言われたとおりにしてみます。」

こんな話し合いをしてから2週間が経ったある日、その会員様から私に連絡が入ります。

会員様「性交渉を断っても大丈夫でした。断ってからは、私にもっと気を使ってくれるようになりました。初めては不安なことが多いよね何て言ってくれるんです。」

私「いい方向に進んでよかったですね。また何かあったら連絡くださいね。」

連絡の内容は、完全にのろけ話でした。私も一安心です。

その会員様は、それから1か月が経った、交際期間約2か月を経てご成婚のため結婚相談所を退会されました。

その2か月の間に性交渉はなかったようです。

以上が私の体験談です。どうでしたか?

もちろんこれはひとつの体験談に過ぎません。ですが、性交渉は、あなたが考えているより重要ことではないのです。それよりも、相手を想う気持ちを大切にして結婚に向けて進んでください。

もう一度言います。

「結婚には性交渉の有無よりも大切なことがある。」

将来についてを真剣に考える

では、結婚相談所で婚活を始めるにあたって、考えておくべきことを5つご紹介します。

1. どのくらい(何歳で)で結婚したいのか

まずは目標を決めましょう。婚活を長く続けることはおススメしません。

先にもお話しましたが、婚活を長く続けると疲れてしまうからです。

結婚はあくまでも「スタート」です。スタート前にガソリン切れになってしまっては元も子もありません。

だらだらと婚活期間を過ごしても運命の人は現れません。なので、ひとつの区切りとなる目標を立て婚活をスタートさせましょう。

目標は出来るだけ具体的に決めてください。

例えば、「○月までに交際を始めて、○か月の交際を経て、○歳には結婚する。」

そのぐらい具体的に決めるのをおススメします。

目標を決めるのが難しいという方は、自分の人生設計を逆から計算して考えてみてください。

例えば、今あなたは30歳の婚活を始めた女性で、希望する男性は35歳位の男性だとします。

次に考えるのは子供についてです。「子供は2人欲しい。大学は最低でも出してあげたい。」という目標を設定します。

では、逆計算を始めます。

子供を大学まで出すとしたら、自分が働けるうち、もしくは旦那様が仕事の定年を迎える前に大学は出てほしいですよね。今であれば65歳までは働けるでしょう。

余裕を持って旦那様が63歳を迎える年に2人目の子供が大学を出ると設定します。そうすると、2人目の大学卒業の際のあなたは58歳です。

では子供を産むのは何歳の時になるのか。2人目の出産はあなたが36歳で旦那様は41歳です。年子は大変だと思うので、2歳離れた1人目の子供がいたとしたら、1人目の出産はあなたが34歳で、旦那様は39歳です。

今あなたは30歳です。では、1人目の子供を34歳で産むためには最低でも33歳までには結婚しなくてはいけない計算になります。婚活に費やせる期間は3年です。

ですが、結婚してすぐに子供が欲しいですか?1年は少なくとも夫婦2人で新婚生活を送りたいとは思いませんか?

そうすると、結婚は32歳までにしなくてはいけないという計算になります。婚活に費やせる期間は約2年間です。

これはあくまでも一例ですが、この様に考えると、具体的に将来のビジョンが見えてきますよね。

一度人生の逆計算をしてみてください。改めて自分がどう婚活に向き合うべきかが明確になってくると思いますよ。

2. 結納(両家顔合わせ)・結婚式・新婚旅行はどうするか

ご成婚が決まったら、次に考えるのは顔合わせや結納はどうするか。結婚式は?新婚旅行は?と決めることがたくさん出てきます。

しかも、この3つは一生に一度しかない大切なことです。

終わった後に後悔しないために、ある程度自分の希望を考えておく必要があります。

併せて、親御さんの希望も確認しておくことをおススメします。

親御さんが結婚した時から時代は進んでいます。ですが、親御さんの考えは自分が結婚した時から進んでいない可能性があります。

例えば「結納ではなくカジュアルな食事会を兼ねた顔合わせ」がメジャーになっていたり、「小規模のウエディングパーティ」が人気だったり、「新婚旅行は行かない」などと現在の新しい形が多く出てきています。

ですので、「親御さんの考えと、あなたの希望する形が全く違う。」ということもあり得ます。

そこで揉めたくはないですよね。そうならないために、少しずつでも自分の希望を親御さんに伝えたり、親御さんの考えや希望を聞いてみたり、そういったコミュニケーションをとってみてください。

話を直接しにくいという方は、「ゼ○シィ」をさりげなく実家のテーブルの上に置いてみるのもいいかもしれませんね。きっと親御さんも興味はあることだと思います。

でも、改めて面と向かって家族で話すにはデリケートな話になるので、話のきっかけを作る一つのツールとして「ゼ○シィのような結婚についてのハウツー本」を用意してみてはいかがでしょうか。

そこから話しをスムーズにできる環境づくりができるといいですよね。

3. 結婚後の住居はどうするか(相手のご両親との同居は?)

これは、ご成婚前にお相手としっかり話すことが必要なとても重要なことになります。

ですから、自分の希望とどこまで融通を利かせられるかを明確にしておくとスムーズに話を進められるはずです。

相手の親との同居は飲める条件ですか?

同棲は難しくても、2世帯住宅なら何とか譲れる条件かな。

近距離同居(徒歩範囲内にお互いの家がある状態)なら大丈夫。

いやいや、同居は絶対に無理。

など、色々な選択肢を見比べて融通を利かせられるラインがどこなのかを明確にしておくのが重要です。

揉めることになりそうな重要事項は、事前に自分の考えをしっかり持つことでお相手との話をスムーズに進められます。

併せて、お相手探しの段階で条件に含めることが出来るので、すべてスムーズに進めていけるのでおススメです。

4. 子供は欲しいか、また何人欲しいのか

子供についてはとてもデリケートな部分で、自分の理想の家族像にも関わってきますよね。

今は「妊活が当たり前」「不妊治療が必要な夫婦が多い」そんな時代です。

問題にぶつかる前に、自分の希望は決めておきましょう。この希望も具体的なものがいいです。

子供は全く考えていない。結婚相手と2人きりで人生を楽しみたい。

子供は1人だけ欲しい。それ以上は望まない。

自分が一人っ子だったので、2人以上子供が欲しい。

出来る限りたくさんの子供が欲しい!野球チームが出来るくらい。

などなど、しっかりと自分の将来のビジョンを考えてみてくださいね。

そして、ご成婚前に、お相手ともしっかりお話しすることをおススメします。

子供はお金にかかわってくる部分でもあります。たくさんの子宝に恵まれても、その子宝を大切に育てられるだけの生活水準がないのであれば子供は不幸になる可能性もあります。

夢を持つのは大切です。ですが、現実からは目をそらさないで考えてくださいね。

5. 結婚した後(出産後)仕事はどうするか

結婚したら家庭に入って専業主婦になるのが夢…なんて方もいるでしょう。

その反面、女性が社会で活躍する時代でもあります。

女性側に夢があれば、もちろん男性にも結婚後の夢はあります。

「仕事から帰ったら、出迎えがあり、夕飯が出来ているのが夢」なんて人もいると思います。

逆に、「結婚相手は仕事を頑張っている人がいい」と思っている方もいます。

考え方は千差万別です。結婚後に揉めないためにも自分はどうしたいのかを考えておきましょう。

また、この部分についても妥協できるラインを設定しましょう。

専業主婦になるのが夢。でも、子供が小学生になったら短い時間のパート位出来るかな。

仕事は続けたい。でも、子供が産まれたらある程度の期間は時短勤務も考えようか。

など、絶対こうしたい!と条件をぶつけるより、こうするのが夢だけど、条件によってはこうすることもできるかな。といった提案をすると、お相手も安心して話し合いの場についてくれると思います。

色々お話ししましたが、この5つをなぜ考えておかなければならないのか。それは、

「結婚生活はお相手があること」「結婚は家族同士が繋がること」

だからです。当たり前のことなのですが、婚活が忙しくなるとこの当たり前のことを忘れてしまうことがあるのです。

婚活をしている最中は、お相手探しが一番重要になってきます。

自分の考えをまとめる時間や、家族と結婚について詳しく話す時間を持つことは難しくなる可能性が大いにあります。

多くの方が仕事をしながら婚活を進めていくと思います。

平日は仕事で、仕事の後に婚活。休日は、お相手候補とデートやお見合い、婚活パーティにも参加する。

そうなるとあなたのスケジュールは常にいっぱいになってしまいます。

いい人に出会えて、交際が始まり、お相手からそろそろプロポーズされそう…そんな幸せいっぱいの時に、自分の将来のビジョンが具体的に固まっていなければ、急に不安になってしまう。

成婚目前に家族と結婚について揉めてしまう、不安が大きくなって結婚したくなくなる…

そういう事態を避けるために、事前にしっかり考えておくこと、将来のビジョンを明確にしておくことが必要なのです。

婚活を始める前にこの5つのことを「自分の将来設計」として書き留めておくのもいいかもしれませんね。

間違った相手と結婚しないために

婚活を始める前に、「幸せな結婚生活」を叶えるために選んではいけない男性についてお話しますね。

私が選ぶ「選んではいけない男性のポイント」は3つです。

1. 嘘をつく人

これは当たり前でしょう。と思う方が多いかもしれません。だからこそもう一度ポイントとしてお伝えしたいのです。

嘘をつく人は嫌われたくない気持ちを強く持っていることが多いです。気に入った相手に好かれたいために、小さな嘘からどんどん嘘を重ねていく。

しかも、嘘をついていることを自覚していないことが多いです。また、嘘をつく癖はそう簡単に治りません。

例えば、気に入った女性が「子供が好きだから、2人は欲しいの。」と言ったとします。

その男性は子供に興味がないのにも関わらず、話を合わせるために「自分も子供好きだよ。子供は結婚したらすぐ作ろう。」と嘘をついているという自覚なく言うのです。

でもこの嘘を信じた女性がそのまま結婚したらどうなるでしょう。

子供のいる温かい家族を夢見て結婚したのに、実は夫となった人が子供嫌いだった。離婚の原因にもなりかねません。

たとえ小さな嘘であっても、自分を偽ろうとする人は避けましょう。

2. 浮気をする人

これも当たり前ですよね。浮気する人と幸せになれるはずがありません。

ですが、恋は盲目と言いますよね。特に婚活中は必死になっているので、「出来心の一度の浮気」「酔った時の間違い」そのくらい目をつぶろう、反省しているから許してあげよう、結婚したら浮気なんてしないだろう、そんな気持ちが出てくるかもしれません。

絶対にだめです!!

不幸へ足を踏み入れるようなものです。「不倫は文化」ではないですよ。

もし結婚前に浮気をされたなら、一歩ひいてしっかりその人を見てください。本当に信じられる人ですか?その人と結婚して幸せになれますか?

きちんと向き合ってみてください。不幸を招く要注意人物ですよ!

表面だけの優しさに騙されないでくださいね。

3. 自分が一番な人

これはすぐに見抜くのは難しいかもしれません。でも見抜くポイントはあります。

それは何か、「自分目線でものを言う」「基本的に自分中心」「人によって態度が変わる」「上から目線で話すことが多い」こんな人は要注意です。

交際期間はそこまで気にならないかもしれません。仕事が忙しい人だから、スケジュールは男性に合わせて当たり前。高学歴の人だから上から目線になるも当たり前。

いやいや、当たり前じゃないですよ!

仕事が忙しいから?私にも予定はあるよ。高学歴だから偉いの?そんなことないですよね。結婚相手は対等な関係でなくてはありません。

言われてみれば納得できるかと思います。対等な人間関係でなければ幸せな結婚生活は訪れないのです。

冷静に相手を見つめる時間も作ってみてくださいね。

他にも結婚してはいけない男性はいると思います。

言わなくてもわかっているかと思いますが、暴力をふるう方はNGです。

金銭感覚や食の好みが合わない人も基本おススメできません。

ですが、先にお話しした3つのポイントをは最低限抑えてお相手探しをしてください。

幸せになるために、

急ぎすぎない・焦らない・自分の価値を下げない

この3つは婚活する上で大切にしてほしいポイントです

「あなたにピッタリな素敵な運命のお相手」を見つけてください。

私は、この地球のどこかに運命の赤い糸で繋がれた運命の人が必ずいると信じています。

あなたの小指に赤い糸は繋がっていますか?その赤い糸から、幸せを手繰り寄せてくださいね。

まとめ

短い交際期間で本当に結婚って決められるの?

結論は「結婚相談所であれば決められる」です。

結婚相談所で活動されている会員の結婚に対する気持ちは共通するものが多いです。

真剣でまじめな出会いを求めている、いい人に出会えたなら早く結婚したい。

そう思っている方がほとんどです。

結婚に対する気持ちが同じ方向であれば、交際期間が短くても、密度が濃く深い期間を過ごせるので大丈夫です。

その他に、

  • 結婚相談所の交際期間
  • 相手のことをどう知っていくのか
  • 結婚前の性交渉について
  • 将来について考えるべきこと
  • 間違った相手と結婚しないためのポイント

などについてお話しさせていただきました。

何を始めるのも不安はつきものです。

まずは婚活への一歩、踏み出す勇気持ってみませんか?

『そのときの出会いが
人生を根底から変えることがある』  相田みつを の名言より…

結婚を意識したら、まずは無料相談を受けてみてください。

私のオススメの結婚相談所をランキングでまとめてみました。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です