結婚相談所を利用して幸せになった人はいるのか?

オススメの結婚相談所
体験談

結婚相談所でいい人は見つからない?

真剣に婚活しようと考えている方にとって、結婚相談所は選択肢の1つです。

しかし「結婚相談所にいい人がいない」「結婚相談所は最後のいく場所」と聞くこともあって、入会するべきか迷いますよね。

ですが、なぜ「結婚相談所ではいい人が見つからない」というイメージがついてしまったのでしょうか。

そして、そのイメージとは逆に、結婚相談所を使って幸せな結婚をした人はいるのでしょうか。

結婚相談所についての周りのイメージと、実際に利用したことがある方の口コミから、結婚相談所の真実をお伝えします。

1. 条件がいい人は競争率が高い

まずは結婚相談所ではいい人がいないと思われている理由です。

結婚相談所ではパソコン等を使って相手の条件などを検索して、気になった方に顔合わせ依頼のアプローチをすることが出来ます。

ですが、その顔合わせが出来る人が限られてしまっていて「いい人が見つからない」と感じている可能性があります。

人気がある人はたくさんの人からアプローチされるので、競争率が高いです。

そのため競争に負けてしまい、気に入った人と会うことすらできなかったために「いい人がいなかった」という感想を漏らすことになります。

これはマッチングアプリ等でも同じで、顔や収入、条件がよく、ステータスが高い人ほど人気なので相手を選んでしまいます。

お相手も全ての方と会う時間なんてないので、厳選してしまっている結果、会える人が限定されてしまいます。

2.普通の出会いではわからないプロフィールを知ることができる

結婚相談所で出会う異性のプロフィールは、細かい部分まで最初からオープンになっていますよね。

例えば年収・職業・家族構成などです。

普通に恋愛すると、お互いをよく知る段階で、これらの情報を少しずつ知っていくことが多いです。

しかしお見合いの場合は、出会った当初からダイレクトにこれらの情報を知らされます。

普段知ることができない情報が目に付くために、理想とギャップの差が埋まらず、いい人を見つけられない可能性が考えられます。

よく言われることですが、多くの方が理想としている年収などの条件は、普通以上の場合が多く、理想の人を見つけようと思っても見つけるのは困難です。

3.登録した結婚相談所に良い条件の人がいなかった

単純に「条件に合ういい人が結婚相談所にいなかった」という可能性も考えられます。

特に、結婚相談所によっては紹介できる会員の数がそれほど多くないこともあります。

どの連盟に所属しているのか、会員数は何人いるのか、などを見る必要がありますし、結婚相談所によっては都市部に強い、地方に強いなどの特徴もあります。

相談所を決めるポイントはたくさんあるかと思いますが、相談所が紹介できる会員数も確認してみましょう。

会員数が多い結婚相談所を選ぶ時に注目したいポイント

では、紹介できる会員数が多い結婚相談所は、どうやって見分ければよいのでしょうか。

選ぶときに注目すべきポイントは「結婚相談所がどの連盟に加盟しているか」ということです。

結婚相談所が加盟する連盟があるのはご存知ですか?

連盟はいくつも存在しますが、日本で最大規模の連盟と言われているのが、「IBJ(日本結婚相談所連盟)」です。

連盟を通して、加盟している結婚相談所の会員はすべて紹介可能なので、大きな連盟に加入している結婚相談所の方が、選択肢は多くなりますよ。

「会員数が少なくてよい人に巡り合えなかった」という事態も避けられるでしょう。

どんな連盟があるのか、どの連盟にどのくらいの人が登録されているのかをまとめてみたので、参考にしてみてください。

結婚相談所の連盟について詳しく調べてみました

幸せな結婚を手に入れた人たち

結婚相談所で活動した結果、幸せな結婚を手に入れた人たちの声を紹介します。

お見合いしてから最速で婚約した方や、辛い経験をした後幸せな結婚を手に入れた方など、結婚の形は本当にさまざまですね。

ドラマのような形もありますが、色々な経験をして幸せになった人たちのエピソードを知っていただき、あなたの婚活の参考にしてみてください。

【結婚相談所でスピードプロポーズ】

私の場合は、仮交際を複数出来るほどモテないしお見合いも組めない状態でしたので、最低限の条件だけ付けて来るもの拒まずで婚活して、今年出会った彼女と1.5カ月で本交際に入り、その1カ月後にプロポーズして成婚退会しました。

会った回数は仮交際から5回、本交際から4回です。

【本交際破局を経て成婚退会】

本交際からの破局も経験しました。

ショックでしたし、悲しかったですが、担当さんには、「本交際まで行った人は、またすぐに本交際になる人が多い」と言われて、あきらめずにお見合いをしたらその次にお見合いをした方と本交際、成婚退会になりました。

【3年婚活を続けた結果】

昨年結婚相談所を通じて結婚した男です。

相談所で3年婚活して10歳下の女性とのお見合いで結婚しました。まだ出会って2年、結婚して1年なので今も仲良く過ごしています。

【結婚後も仲良し】

結婚相談所で出会った相手と結婚しました。ウチの親兄弟にも彼の親兄弟にも、結婚相談所で出会ったとは言ってません。共通の知人の紹介で会って意気投合したという事でずっと通してます。

主人の知人と私の知人が飲み会をやることになって、そこで出会ったという設定になってます。結婚して8年以上たちますが、全く問題なく仲睦まじく過ごしていますよ。

親兄弟との関係も良好です。結婚相談所で知り合った多くの方は、共通の知人の紹介で知り合ったと言ってますよ。

共通の知人=結婚相談所だと考えれば、ウソでは無いですよね。

結婚相談所が悪いイメージなのは昔の話

結婚相談所はこんなイメージを持たれているかもしれません。

  • 結婚できない人が最後に頼る場所
  • 出会える人数が少ない
  • 料金がかなり高額

上記のような、一昔前のイメージを持っているのであれば、今の結婚相談所を知ってビックリするかもしれません。

結婚相談所は大手企業が運営する相談所から、個人経営の小規模の相談所まで多種多様です。

芸能人や大企業の役員が登録をしていたり、お小遣い程度で利用できる場所まで増えてきました。

特に結婚相談所を利用する人が大きく変化してきています。

どう変わってきたのか、いくつかの違いをご紹介します。

女性のキャリアが変化したため、女性会員も変化

女性の場合、昔と大きく違うのは仕事に対する価値観ですよね。

一昔前までは、就職後ある程度の年齢になったら結婚して寿退社する人が多かったです。しかし、現在では結婚後もバリバリ働いてキャリアを築く女性がたくさんいます。

学生の間は勉強に集中し、社会人になってからは仕事に打ち込むと、恋愛結婚する余裕がなく、結婚を意識する30代に入ってから結婚相談所を訪れる女性も多いです。

勉強や仕事一筋で頑張ってきた女性を、「結婚できない残念な人」でひとくくりにはできませんよね。

インターネットを使った出会いの普及も影響

また、最近では結婚相談所のお見合いと同時並行して、マッチングアプリの婚活をすすめる結婚所もあります。

結婚相談所のプラン内容にマッチングアプリの利用が組み込まれていることもありますよ。

住んでいる地域や年収、年齢を指定すれば、たくさんの人と出会うことができます。

一昔前のように、相談所の会員だけとしか出会いがないということは少ないでしょう。

結婚相談所の料金プランが多様化

結婚相談所のハードルを高くしているのは料金ですよね。高い会費を払って結婚できなかったら、時間とお金を無駄にしてしまいます。

最近では相談所や運営企業によって、価格帯もさまざまです。

もちろん価格とともに、サポート体制や利用できるお見合い以外のサービスなども考慮する必要があります。

しかし、低めの料金プランを設定し、ハードルが下がっている結婚相談所もあるので、「結婚相談所=高額」とはかぎらなくなってきています。

今は条件がいい人であふれている

結婚相談所には、本当にさまざまな年齢・年収・学歴の人がいます。うまく巡り合えるかどうかはご縁や運にもよりますが、高学歴・高収入の男性も婚活のために登録していますよ。

では、条件がいい男性が、わざわざ結婚相談所に登録する理由は何でしょうか。

人によって理由はさまざまなので、一概には言えませんが実施に利用している方の声を聞いてみると、理由はいくつかありました。

1.職場・プライベートで女性と出会うチャンスが少ない

仕事が忙しく、20代のうちに出会いの場へ行けなかった男性は、30代40代に入ってから婚活を始めることが多いです。

女性が多い職場だと職場恋愛の後、自然に結婚できる男性も多いです。しかし同性ばかりの職場だと、仕事がらみの出会いはなかなか難しいようです。

2.経済的不安

経済的な不安も、男性の婚活へのモチベーションに影響しているでしょう。結婚生活はお金がかかり、将来子供を持つなら養育費も必要です。

しかし、社会では経済的に不穏なニュースもたくさん流れていますよね。

高収入の男性が初めから年収が高かったわけではありません。時間をかけてキャリアを積み重ねたことで、現在の収入・地位を築いているのです。

自分の収入をある程度上げてから家庭を持つために結婚相談所に入ることもあるでしょう。

3.恋愛ではなく「結婚」をしたい好条件の男性が登録する

男女が自然に出会うと、恋愛をして結婚という流れになります。しかし、出会うすべての男女の結婚観が一致しているとは限りません。

例えば、結婚や結婚後の生活についても次のようなズレが生まれやすいです。

  • 結婚を考えて交際しているか
  • 結婚するなら1年以内の近い将来か、数年先か
  • 結婚後に子供が欲しいか
  • 共働きや育児への分担についてどう考えているか

普通に出会いを探すと、遊びの恋愛を探している女性と付き合うことになるかもしれませんよね。

しかし、結婚願望があり、子供が欲しいと考えている男性にとって、遊びで恋愛している女性とは、時間の無駄になるので交際したくないのが本音です。

結婚相談所に遊びの恋愛を求めて登録している人は、男性にも女性にもいません。

結婚願望が強い人たちが集まっています。そのため恋愛ではなく、「結婚して家庭を持ちたい」というはっきりした目標がある好条件の男性が結婚相談所に登録していると考えられます。

まとめ

一昔前と現在では結婚・子育て・仕事など、男女が置かれている環境が変わってきています。

時代の変化とともに、結婚相談所は「結婚できない人が集まる場所」ではなく、「好条件の人が集まる出会いの場」へと変化しました。

結婚相談所によって、それぞれサポート内容や料金体制が異なります。自分にぴったりの結婚相談所を見つけて、素敵なお相手と巡り合ってくださいね。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です