結婚相談所で勘違いして失敗する人のパターン

オススメの結婚相談所
体験談

結婚相談所での婚活を検討して情報収集をしているうちに「全然イメージと違った」「結婚相談所では結婚できない」「結婚相談所なんか、クソ」という体験談や情報を見てしまうことがあるかもしれません。

果たしてそれは、正しい情報なのでしょうか?

結婚相談所を使えば必ず結婚できるのか

そもそも「結婚相談所」とは、なんぞや? というお話。

結婚したい男女の会員組織で、お見合いの調整やその後の交際から結婚の意思確認のフォローを含んだ情報提供サービスです。

ですので「当人が意思決定をし、行動する」という大前提があります。

簡単に言うと結婚相談所は、マッチングアプリと、相談できるカウンセラーがセットになった婚活ができるサービスのこと。

マッチングアプリ同様、自分でお相手を探す必要があるほか、婚活カウンセラーが自社会員に合いそうな人を探して提案することもあります。

アプリと異なるのは、お見合いの場所や時間のセッティングを結婚相談所側がしてくれることや、お見合い後のお付き合いの可否を会員同士ではなく、相談所間で行うため、気持ちの負担を減らすことができる、という点です。

この他、結婚(成婚退会)までの意思決定に至るまで、婚活カウンセラーに相談したり、アドバイスを受けたり、さり気なく相手の意志を確認したりといったサポートも受けられることが特徴のサービスです。

ですので、会員本人に意思決定力と行動力が伴わなければ、結婚できる確率は下がります。「必ず結婚できる」というわけではないのです。

結婚相談所のよくある勘違い

結婚相談所のスタッフ間で囁かれる「結婚相談所のよくある勘違い」をいくつかご紹介しましょう。

結婚相談所のほとんどが、入会前に無料相談カウンセリングを行います。

その際に説明に苦慮したり、勘違いした会員からクレームのように言われるなどする内容です。

100%あなたにピッタリな相手と成婚させてくれるわけではない

「結婚相談所ですよね? 私にピッタリな相手と結婚できるんですよね?」と食ってかかる人が、ごくまれに、しかも定期的に訪れることがあります。

結婚相談所は「情報提供サービス業」です。

メインは「結婚したい男女の情報提供」です。

会員はそれを活用し、その相手に実際に会い、自分の結婚相手にふさわしいかを検討します。

勘違いしている人は「結婚がしたい、と結婚相談所に行けば、希望の条件にピッタリの人を紹介してくれ、お見合いのセッティングをしてくれ、(略)結婚できる」と思い込んでいます。

この「(略)」が大切なところです。

つまり、勘違いする人は、会員本人の意思決定や行動といった要素を、自分の中で「(略)」にし、結婚相談所が本人に代わり意思決定や行動をしてくれると思い込んでしまうのです。

多くの結婚相談所では「会員の意思決定と行動」のサポートをします。

カウンセリングやコーチング・ティーチングといったスキルを駆使して「あなたは、どうしたいのですか?」と会員自身の意思決定をサポートしてくれるのです。

また、真剣交際に至るなどしたとき、お相手の気持ちの確認や、お相手に何かをしてあげたい、と思ったときに、アドバイスをしたり、お相手の相談所に確認や相談をすることもあります。

そういう点では、結婚相談所の婚活カウンセラーは、実に頼もしい相棒(バディ)と言えるでしょう。

でも、成婚まで、考え、行動するのは会員自身にほかならないのです。

結婚相談所での婚活は恥ずかしいことではない

マッチングアプリが当たり前になっている若い人たちより上の世代に「結婚相談所で婚活をするなんて……」と感じる人が多いようです。

また、会員の親世代となると「インターネットやアプリで結婚相手を見つけるなんて、とんでもない! 騙されたり、犯罪に巻き込まれたらどうするの?」「親戚や会社の人からの紹介ならともかく、赤の他人に結婚相手を紹介してもらうなんて……」という理由から「結婚相談所での婚活は恥ずかしいもの」と強く感じられるようです。

強い抵抗感を抱きつつも「結婚、待ったなし!」という焦りから結婚相談所への入会を真剣に考え、無料相談カウンセリングに訪れ、婚活をスタートさせるわけですが、強い抵抗感から、素直に婚活カウンセラーのアドバイスを受けられなかったり、プロフィール写真を載せずに活動したり(お見合い申込み数は激減します)、お見合いでもハツラツとした印象を相手に残すことができません。

ですので、結婚相談所での婚活に強い抵抗感があるようでしたら、いったん見送るのも大切なことです。

「やるからには、楽しんで!」というのが、結婚相談所スタッフの総意。

結婚相談所での婚活は、プロフィール写真をプロに撮影してもらったり、好感度を上げるためのファッションカウンセリングなどが体験できることも。

また、模擬お見合いや模擬デートでコミュニケーションスキルを上げる学びが提供されていることもあります。

結婚相談所で活動をした人の中には「出会いはもちろん、自分自身をこれほど真剣に見つめて、よりよい、愛すべき自分になる努力をしたのは初めて」という思いを抱く人も少なくありません。

その結果、結婚相談所で成婚することなく休会や退会をした直後に、自然な出会いで結婚へ向かう人がいるのも「結婚相談所での婚活あるある」なのです。

勇気を持って、抵抗感や恥ずかしさを乗り越え、新しい自分を発見するプロセスを楽しみましょう。

結婚相談所ではお金をむさぼり取られるわけではない

結婚相談所の無料相談カウンセリングを受けようとする人の中には「ものすごく高額なコースを押し売りされたら、どうしよう?」と心配があることも少なくありません。

中には「金ならいくらでも出す!」と、心配が転じて勇気に変わる人も。

いずれにしても「結婚相談所では高額なお金がかかる」というイメージを持つ人が多いようです。

さらには「なにかにつけて高額有料オプションを吹っかけるんでしょ」と疑う人も。

お金についてはクレームやトラブルに直結することもあり、どの結婚相談所も明確にするようにしています。

また、母体となる結婚相談所本部は加盟店にある程度の料金目安の範囲内で運営するように、と指導しています。

「結婚相談所での婚活で、お金をむさぼり取られるのは、嫌だな」と考える人にオススメなのは、いくつかの結婚相談所で無料相談カウンセリングを受けてみる、ということ。

クレームやトラブルに発展するのはコミュニケーションがうまくいかず、不信感が蓄積されてしまうから、ということも往々にしてあります。

「違う言い方をしてくれたら納得できたのに」ということは、普段のトラブルでもありませんか?

特に結婚相談所での婚活は、その結婚相談所や担当スタッフとの相性が大切です。

ですので、入会前にいくつかの結婚相談所で無料相談カウンセリングを受け、相性を見極めておくのがよいでしょう。

また、最近は「乗り換えパック」のようなコース設定をする結婚相談所も増えてきました。

「ここが最後の砦!」と気負うことなく、「自分が楽しく真剣に取り組める結婚相談所で婚活しよう」という楽な気持ちで結婚相談所を選ぶのがオススメです。

結婚相談所の会員は変な人ばかりだ

残念ながら「変な人」はゼロではありません。

この「変な人」。

言い換えれば「コミュニケーションがうまくいかない人」のこと。お見合いの席で、マナー違反が目立ったり、まったく会話ができなかったり、逆に自分に興味があることだけまくしたてたり。ネガティブだったり、ポジティブ過ぎたり。

いずれも「コミュニケーション不全」から来るものです。

ですので「強い個性」=「変な人」ではないのです。

仮に「強い個性」を持つ人が、ものすごくコミュニケーションスキルが高かった場合、「変な人」ではなく「面白い人」になります。

そうなると「面白い人だったけど、結婚のお相手としては……」という判断になりますよね?

コミュニケーション不全はすべて相手に問題があるわけでも、どちらかに必ず問題があるわけでもありません。

どちらにもコミュニケーションスキルは十分にありながら、相性が合わずに、お見合いの結果「変な人」と出会ってしまった、という印象が残ってしまうことも十分にあります。

大切なのは自分がどんな人と一緒にいれば楽なのか、心地よくいられるのかを知ることです。

結婚相談所での婚活の利点は、婚活カウンセラーに相談・確認ができること。

お見合いの申し込みが入った時点で、受諾前にその人が自分の望むコミュニケーションが取れるタイプなのか、おしゃべりな人なのか、無口な人なのか等を確認してみるのもよいでしょう。

また、自分のコミュニケーションスキルに不安がある場合、そのコンプレックスを克服してから婚活にチャレンジするのもよいでしょう。

コミュニケーションを学ぶ場はたくさんありますし、結婚相談所が提供していることも多くあります。

結婚相談所では仲人がおせっかいをやきすぎる

イメージとして「仲人」「お見合い紹介おばさん」は、マシンガンのようにしゃべくり倒し、鬱陶しいほどかまってくるような印象はありませんか?

婚活を検討する人の中には、恋愛経験もそこそこあり、異性のエスコートにも慣れていて、単純に出会うチャンスや時間が取れない人、というのも一定数います。

相談所の中には「自力で婚活をする人のためのコース」を設定している場合があります。

こちらは写真の用意や自己PR文章も自分で用意し、会費はほぼ専用アプリ使用料といった設定が多いでしょう。

おせっかいをやきすぎる仲人/婚活カウンセラーを回避するための選択肢として、このようなコースを選択するのがひとつ。

また、スタッフがおせっかいをやきすぎるとか、鬱陶しいとか、そのような印象が強い場合、その婚活カウンセラーと相性が合っていない、ということも考えられます。

ですので、結婚相談所での婚活を考えるときには、いくつかの結婚相談所の無料相談カウンセリングに出向いてみるのがオススメです。

大きな相談所では、無料相談カウンセリングの対応をする人と、実際の相棒(バディ)としての婚活カウンセラーが異なることもありますので、入会の際に担当してくれる人と直接話しをさせてもらうのも上手な選択方法です。

ただし、「おせっかい」と感じられることが、実はあなたに本当に必要なアドバイスをプロの立場から言っていることもゼロではありません。

つまり、あなたが素直かどうか、自分の信念に固執していないか、という点も検証する必要があるかもしれませんよ。

結婚相談所での婚活で失敗しやすい人

結婚相談所での婚活で失敗しやすい人、成果が出ない人には大きく2つの要因があります。

●結婚相談所に登録しただけで安心し、活動しない人
●婚活カウンセラーのアドバイスに耳を傾けない人

この他にも婚活でつまずく人にはいくつかの要因がありますが、結婚相談所で、となると、この2つが大きく影響します。

そもそも結婚相談所での婚活は、提供される情報を元に「自分で意思決定をし、行動する」ということです。

頭では理解していても、実行できない人は一定数いるのです。入会するだけで満足してしまうのですね。

あるいは、最初の1カ月程度は熱心に取り組むものの、飽きてくるのでしょうか? だんだん活動の気配が薄くなってしまいます。

婚活カウンセラーも人間ですから、頑張っている人は応援したいけれど、特に頑張っていない人、何度連絡をしてもレスポンスがない人は「……しつこくしても」と、少しずつサポートを遠慮するようになります。

こういう人に限って、婚活の気分が再び盛り上がると「あの結婚相談所は、放っておくだけ放っておいて、何もしてくれない!」と、突然クレームを伝えたりします。

「入会しただけで満足しちゃう人」というのは、婚活業界でも「あるある困ったちゃん」です。

入会はスタートです。ゴールまで走るのは、あなただということを忘れずにいましょう。

これとは逆に、自分のこだわりが強すぎて、婚活カウンセラーのアドバイスを片っ端からぶった切る人がいます。

特に入会当初は、お相手の「条件」にこだわり過ぎる傾向があります。

婚活カウンセラーが「相性を重視しましょう」とアドバイスをしても、「自分の判断を軽視している」等と暴れます。

せっかく婚活のプロのサポートを受けて結婚相手を探すのですから、アドバイスを素直に受け入れることは、とても大切なことです。

ただし、婚活カウンセラーと相性が合っていないということもゼロではありませんから、素直さを持ちながら、自分を信じて判断することも大切です。

結婚相談所を使って結婚できないのは誰のせい?

お見合いを重ね、「不成立」「お断り」といった文字を見ることが増えると「いったい誰が悪いの!」と憤りたくなることもあるでしょう。

自分を責めてみたり、婚活カウンセラーや結婚相談所が悪いんじゃないかと訝しがったり、お相手たちや、はたまたお見合い場所のホテルのラウンジ、果ては神さまが悪いんじゃないか、と、疑っていけばキリがありません。

結論としては「悪い人など、いない」です。

誰かに責任を転嫁したくなったとき、また自分を必要以上に責めたくなったときは、具体的に失敗だったと思われることについて、きちんと考えてみましょう。

ただし、この「考える」は、頭の中だけではなく、手書きで、ノート等に書き記すのがオススメです。

悶々と悩むのは「解釈」。事実をどう歪曲させ、その解釈に至ったのかを検証するのには、なぐり書きでかまわないので、手を動かして、感情と事実を整理してみましょう。

その上で、例えば自分が婚活カウンセラーのアドバイスを素直に受け入れなかったことに気がついたら、次回は素直に受け入れるとよいでしょう。

やはり婚活カウンセラーのアドバイスがトンチンカンだったんだ、と結論が出たら、別の結婚相談所を検討したり、担当を変えてもらうなどを考えてもよいかもしれません。

お相手がキョーレツにクセモノだった、しかもそれが続いたんだとしたら、まずは「ネタ」ができたことに喜ぶのもひとつです。

その上で、どうすればクセモノを回避できるのか、婚活カウンセラーと作戦会議をするのもひとつの作戦です。

悪い人などいませんが、実際に考え、動き、幸せになるのはあなたなのです。

人生のハンドルは、誰が握るのか=あなたです

いかがでしたか? 結婚相談所はあくまでも情報を提供するサービス業。

入会しただけで結婚できる、ということではなく、会員自身が考え、行動する必要があります。

ただし、自己流で激しい修行をするように街コンに通ったり不倫や遊びというリスクを追わず、婚活のプロのサポートを受けながら理想のお相手に巡り合うことができるのが結婚相談所。

そして、結婚は婚活のゴールではありますが、人生のゴールではありません。

婚活は、新しい人生のスタートラインにベストコンディションで立つための、通過点でしかありません。

あなたの人生は、あなたが考え、あなたが動き、あなたが幸せを受け取る。その繰り返しであることを覚えておいてくださいね。

結婚相談所は相性があるので、まずは無料でカウンセリングなどを受けてみて、あなたに合ったカウンセラーを見つけてみてください。

無料カウンセリングがあるオススメの結婚相談所をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です