複数の結婚相談所にまとめて入会するのはありなのか

オススメの結婚相談所
体験談

結婚相談所に入会して婚活をするのであれば、成婚まで進みたいと思うのは当たり前の気持ちだと思います。

成婚率100%の結婚相談所があれば、みなさんが入会するでしょう。

ですが、結婚相談所に入会したからといって必ず成婚まで行き着くとは限りません。

そこで、結婚相談所に入会して成婚まで行き着くために、複数の結婚相談所を利用することをおススメするのですが、そこにもメリット・デメリットがあります。

その点についてお話ししていきます。

元大手結婚相談所のアドバイザーをしていた観点からもお話ししていきますね。

是非参考にしていただけると嬉しいです。

結婚相談所を1つだけにするデメリット

まずは、結婚相談所を1つだけにするデメリットからお話ししていきますね。

婚活を成功させるためには自分に合った結婚相談所を選ぶことが一番大切です。

ただ、自分に合った結婚相談所を本当に選べているのかは、実際に入会して婚活してみなくてはわかりません。

入会する際は自分に合っていると思っても、実際に入会して活動を始めたらなぜか上手くいかない。そういうことはよくあることです。

なぜそういうことが起こるのか。

それは、婚活をする自分を客観視できていないために自分に合っているという間違った選択をしてしまったこと。

これが、結婚相談所を1つだけにするデメリットの1つ目です。

次に、入会する際に話を聞いた結婚相談所のサービスの内容と、実際のサービス内容が違ったりすることもあります。

結婚相談所も入会する人を増やしたいと思っているのはどこも同じです。

なので、いい面を前面に押し出します。そして、悪い面は隠す傾向にあるのです。

結婚相談所に対する口コミで悪いコメントをよく見ると思います。

それは入会前に説明されたサービスと、実際に受けたサービスの差が出てしまい、それが不満となり悪い口コミを書く結果となっているのです。

ただ、この差はなかなか埋めることは難しいかもしれません。

いいことしか言わない入会前の結婚相談所。入会してみたら見えてくる悪い面。

正直入会して活動しなくてはわからない部分なのです。

考えていたサービスを受けることが出来ない結婚相談所を選んでしまうこと。

これが、結婚相談所を1つだけにするデメリットの2つ目となります。

もう1つ、結婚相談所を1つだけにするデメリットがあります。

それは、1つの結婚相談所では出会える人の数が限られているという点です。

大手結婚相談所でも、会員数は5万人から3万人です。

その中で、自分が結婚相手として考えられる人はどれだけいるでしょう。

きっと多くても数千人。条件などで絞ると数百人いればいいくらいだと思います。

そこから本当に結婚したいと思える相手に出会えるのでしょうか。

そこがデメリットなのです。

結婚相談所を1つだけにするデメリットは3つです。

  • 自分に合った結婚相談所を選べていなかったこと
  • 自分が思っていたサービスを得られないこと
  • 自分に合った結婚相手がその結婚相談所にいない可能性があること

この3つは実際に結婚相談所に入会して活動しなければわからないことです。

お試し入会などあればいいのでしょうが、そのようなものは今の結婚相談所にはありません。

高い入会費用や初期費用を支払って入会して、本当にこの結婚相談所でよかったのかをお試し感覚で確かめるのは難しいですよね。

ではどうしたらいいのか。

それは、複数の結婚相談所を利用することです。

そうすれば、出会いの幅も広がりますし、違ったサービスを受けられます。

その点についてもっと詳しくお話ししていきますね。

複数の結婚相談所を利用するメリット

結婚相談所を1つだけにするデメリットについてお話ししてきました。

そのデメリットは、複数の結婚相談所を利用することで回避できます。

では、複数の結婚相談所を利用するメリットがどこにあるのかについてお話しします。

一番大きいメリットは出会いの幅が広がることです。

例えば、会員数5万人の結婚相談所に入会したとします。

そこであなたの結婚相手の対象となる人数が500人いました。

次に、違う結婚相談所にも入会します。そこの会員数は4万人だとします。

そこであなたの結婚相手の対象となる人数は350人いました。

2か所の結婚相談所に入会し活動することで、1つの結婚相談所では500人や350人だった結婚相手の対象が850人ととても多くなるのです。

結婚相手の対象が増えるということは、運命の人に出会える確率が確実に上がります。

500人の中から選ぶのと850人の中から選ぶのとでは、自分の理想の相手、運命の相手に出会える可能性は高くなります。そして、自分の理想の条件を譲らずにお相手探しを出来るのです。

この部分のメリットは、複数の結婚相談所を利用するからこそ得られるメリットです。

次のメリットは、違ったサービスを受けられるという点です。

結婚相談所には3つのサービスのタイプがあります。

1つ目は「データマッチング型」

これは、自分の希望する条件に合う人をコンピュータが検索をして一定人数を紹介されるサービスです。

2つ目は「仲介型」

これは、手厚いサポートの下で婚活を進められるサービスです。紹介やお見合いセッティング、デートのサポートまでしてもらえます。

3つ目は「ネット完結型」

これは、婚活サイトの結婚相談所版です。自分でネットなどを利用して気になるお相手を探すサービスです。

この3つのサービスはどれもメリット・デメリットがあります。

「データマッチング型」のメリット

  • 自分の条件に合った人を紹介してもらえる
  • 条件重視の方に向いているサービスである
  • 自分が希望する条件から外れた人は紹介されない

「データマッチング型」のデメリット

  • 条件に当てはまる人が少なければ紹介人数が減る
  • 条件から少しでも外れると紹介されない
  • 容姿やフィーリングで相手探しをできない

「仲介型」のメリット

  • 手厚いサービスを受けられる
  • 人からの紹介なので、決まった条件だけでない部分も汲んで紹介してもらえる
  • ひとりで婚活する不安が減る

「仲介型」のデメリット

  • 費用が高い
  • サポートしてくれる人を選べないので、アドバイザーとの相性が悪いことがある
  • 自分のペースで婚活ができない

「ネット完結型」のメリット

  • 費用が安い
  • 自分のペースで婚活ができる
  • 自分の好きな条件で出会いを選べる

「ネット完結型」のデメリット

  • サポートがないため自分ひとりで婚活をしなければいけない
  • ネットのみの婚活なので必ず出会える確約はない
  • 自分で積極的に婚活をしなければ出会いは全くない

以上のように、各サービスによってメリット・デメリットがあります。

ですが、複数の結婚相談所を利用することで、このデメリットを埋めてメリットを増やすことが出来るのです。

複数結婚相談所を利用する際は、違うサービスのタイプの結婚相談所を選ぶことをおススメします。

同じサービスのタイプの結婚相談所を選ぶと、出会いの幅は広がりますがデメリットを埋めることが出来ないためおススメが出来ないのです。

私が考える一番のおススメの選択は「仲介型」と「ネット完結型」の結婚相談所を利用することです。

なぜか。

一番は、費用面です。

「仲介型」の結婚相談所は費用が高いところが多いです。

それに「データマッチング型」の結婚相談所を組み合わせると費用の負担が大きくなります。

その点で「ネット完結型」の結婚相談所は費用負担が一番少ないので、この組み合わせがいいのではないかと思います。

費用面のほかにもポイントはあります。

それは「仲介型」と「データマッチング型」の結婚相談所は、お相手の条件で結婚相手を探すというサービスです。

なので、正直同じような人しか紹介されません。

その点「ネット完結型」の結婚相談所では自分で条件を色々と変えられます。

「仲介型」の結婚相談所では紹介されないような人と出会えるというメリットがあります。

条件だけでお相手探しをするのは一見効率がいいように感じるかもしれません。

ですが、条件だけでは見つけられない自分に合う人もいるのが現実です。

ですので、違った方面からお相手探しをすることで、運命に出会える可能性が高くなるのです。

こういう部分から考えて「仲介型」と「ネット完結型」の結婚相談所を利用することをおススメします。

他の結婚相談所を使っているのはバレない?

では、複数の結婚相談所を利用することのデメリットはないのか。

その点についてお話ししていきます。

そこで一番気になるのは、他の結婚相談所を利用していることがバレないのかという点ではないでしょうか。

正直な話ですが、他の結婚相談所を利用していることはバレることが多いです。

ですが、バレる相手は婚活する相手ではなく、結婚相談所のアドバイザーです。

では、なぜバレるのか。

結婚相談所に入会する人は、今まで出会いがない人が多いです。

そして併せて言えるのが、休日や仕事終わりの予定がない人が多いです。

ですが、結婚相談所に入会するとお見合いやデートなどの予定が入ることが多くなります。

また、入会した結婚相談所に赴いてアドバイスを受けたり、お相手探しをしたりする時間も増えます。

なので、お見合いの予定を組む際に普通なら予定が空いているはずの日に、別な予定が入っているということが起きます。

そこでアドバイザーは他の出会いがあるのではないかと考えます。

ただ、今まで出会いがなく結婚相談所に入会した人が、急に出会いが増えるなんて考えられないですよね。

そこで考えるのが別の結婚相談所の利用です。

ですが、他の結婚相談所を利用しているからと言って、アドバイザーがそれをとがめることはありません。

婚活を頑張ろうとする気持ちが強くなっているから複数の結婚相談所を利用しようと思うのであって、決してマイナスではありません。

それに、複数の結婚相談所を利用するというのは禁止されていることでもありませんので、どこか別の結婚相談所で活動しているのかなどと詳しく聞くこともしません。

アドバイザーにバレても何も問題はないのです。

では、本当に婚活相手にはバレないのか。この点について心配する人もいるかもしれません。

必ずバレないとはもちろん言えません。

ですが、バレるとしたらその人も複数の結婚相談所を利用しているということになります。

なぜか。それは、入会前に結婚相談所の会員を知ることが出来ないからです。

もちろん条件でこのような人がいますよと、入会する前に聞くことはあるかもしれません。

ですがそれはあくまでも条件だけの話であって、すべての情報を知ることは出来ないはずです。その人が誰かを確定することは出来ないのです。

大手結婚相談所のほとんどは「プライバシーマーク」を取得していると思います。

これによって会員のプライバシーを守っていますので、入会前にそこの会員がどこの誰かを知ることは出来ません。

ですので、同じ結婚相談所を利用していなければ特定はできないので、基本は複数に登録していてもバレることはないのです。

もしバレたとしても、そのお相手も同じ状況にあるということになります。

ですので、結婚相談所を複数利用することがバレても何も問題はないのです。

複数の結婚相談所を使う際の注意点

複数の結婚相談所を利用しても、基本的には問題はありません。

ですが、注意していただきたい点は何点かありますので紹介していきますね。

注意点1つ目

お見合いの日程を組む際に、他の予定とバッティングすることのないように予定管理をしっかりとすること

これは婚活をする際だけではなく、注意しなければいけない点ではあります。

今まで休みの予定がなかったので、予定管理をしっかりしていない人は多いのが現状です。

仕事の予定はしっかり管理していても、休日などのプライベートの予定管理をしていない人が実は多くいます。

ですが、婚活が始まると休みの予定などが増えます。それを管理しきれないと、予定のバッティングという最悪な状況を迎えてしまいます。

しっかり予定管理はしてくださいね。

注意点2つ目

メールや電話などでの人間違いをしないこと

今までプライベートの出会いがないと、新しいメールや電話番号などの情報が増えることはそうありません。

ですが、婚活中だと連絡する相手が増えます。

ひとつの結婚相談所で活動していると、婚活をしているとはいえ一気に連絡する相手が増えることはありません。

ただ、複数の結婚相談所を利用すると出会いが増える分、連絡する相手も当然増えます。

しかも、フルネームで覚えることは難しいので、苗字か名前のどちらかで覚えることが多いです。

それによって、同じような名前の方と出会ってしまうと、連絡する相手を間違ってしまうというミスを起こしかねません。

これはとても失礼なことですし、出会いを逃してしまうことにもつながります。

真剣交際が始まるまでは何人の人と連絡しても問題はありません。

ですが、連絡する相手を間違えるのは人として失礼なことです。

その点は注意が必要です。

例えば名前以外に出会った結婚相談所の名前を入力しておくなど、間違いが起こらないように工夫してくださいね。

注意点3つ目

真剣交際が決まったら婚活は一旦中止すること

真剣交際する相手が決まったら、他の人との出会いは一旦やめましょう。

当たり前のことですが、やってしまいがちなので注意点としてあげました。

あなたが、A社とB社で婚活をしていたとします。

そこでA社で出会った人と真剣交際をすることになってA社の婚活を休止するとします。

普通ならB社での婚活も休止するべきですが、違う結婚相談所だから婚活していてもバレないと思いそのまま婚活を進めると何が起きるのか。

一番起きてはならないことは予定のバッティングです。

お付き合いしている方とのデートの日にお見合いを入れてしまう。

こういうことが起きるとどうなるか。

デートをすっぽかすと、お付き合いしている人に不信感を与えます。

かといってお見合いを断ると、その結婚相談所のアドバイザーにもお見合いをするはずだった人にもとても悪い印象を与えます。

二頭追うもの一頭も得ずという結果になります。

また、どこで婚活をしていることがバレるかわかりません。

今まで出会いがなかった人が婚活をすると、出会いが増えるだけでなく生活スタイルも変わります。

結婚相談所で婚活をする人は不器用な人が多く、嘘が下手な人が多いです。

デート中に違うお相手から連絡がきました。

その際あなたはどのような行動に出ますか?

きっと連絡をすぐに返さなくてはと思うはずです。そういった行動はデート相手に何か変な行動をしていると伝わってしまいます。

違う相手とも連絡を取っていることをうまく隠すことは出来ないはずです。

出来ないことをしてはいけません。

真剣交際が決まったら、まずはその人としっかり向き合いましょう。

注意点4つ目

アドバイザーからの助言をすべて受け止めようとしないこと

あなたが利用している結婚相談所がどちらもアドバイザーがいる際、言われる助言が違うことがあります。

アドバイザーも十人十色です。

例えば、デートにはスカートをはいていった方がいいですよとA社のアドバイザーが助言するとします。

ですが、B社のアドバイザーは初めてのデートはスカートより露出の少ないパンツスタイルがおススメですと助言しました。

どちらの助言も間違いではないと思いますが、助言されたあなたはきっと迷ってしまうでしょう。

デートに着ていく洋服を決められず、デート自体をキャンセルするという最悪の決断をすることに繋がる可能性もあります。

出来れば、アドバイザーの助言は自分の気持ちプラスアルファくらいに捉えるのがいいでしょう。

また、2人の別なアドバイザーがついて婚活することはおススメできません。

アドバイザーは1人で十分です。

なので、結婚相談所を複数利用する際には、アドバイザーが付く結婚相談所と付かない結婚相談所を選ぶのがベストだと思います。

注意点5つ目

金銭的負担を考えて婚活すること

結婚相談所を複数利用すると金銭的負担も増えます。

金銭的負担が増えると、気持ちも安定しません。

成婚してからが結婚の本当のスタートです。

結婚するにはお金がかかるのは言うまでもありません。

結婚式、新婚旅行、指輪の購入や新居にかかるお金。

たくさんのお金が必要となります。

もちろんひとりで負担するものではありませんが、婚活で全財産を使ってしまったとなったらきっと不安になるでしょう。

ですので、お財布と相談して婚活を進めてくださいね。

以上5つが注意点です。

細かい注意点は他にもたくさんありますが、この5つを抑えていればきっとスムーズに婚活を進めていけると思いますので頭の隅に止めて婚活してくださいね。

早く確実に結婚するために

早く確実に結婚するために必要なことは自分に合った婚活方法を見つけることです。

これが何よりも大切です。

それに合わせて、アドバイザーの助言に耳を傾けるようにすること、婚活に集中することが大切です。

婚活は何年もするものではありません。

おススメは1年間の間で成婚に繋げることです。

そのために今自分がするべきことは何かをしっかりと考えて婚活を進めてください。

一番おススメするのは逆算計画表を作ることです。

今から一年後の計画表を作成して、一年後は成婚とします。

そのためにいつまでにお相手を見つけて、いつから真剣交際に入って、いつプロポーズをしてもらうのかをしっかり考えてみてください。

そうすることで、今自分がすることが見えてきます。

妥協しない結婚をするために自分磨きも一緒に頑張ってください。

やらなくてはいけないことがたくさんある1年になるかもしれませんが、大変なのはその1年だけです。

幸せな結婚生活に向けて、無駄のない時間を過ごしてくださいね。

早く結婚をする為に、オススメの結婚相談所をまとめました。

今回紹介しました色々なタイプの結婚相談所がありますので、あなたに合ったところを見つけてみてください。

無料で資料請求などもできるので、まずはそうしたサービスを利用するのもいいと思います。

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です