婚活はアプリやパーティーが最適?婚活方法の選び方

オススメの結婚相談所
体験談

これまで、いわゆる「自然な出会い」で結婚を考えていた人が「結構ガチで婚活!」と決意してから、おそらくいくつかの段階を経ていくことでしょう。

婚活アプリや街コンは、手軽に見知らぬ人と出会える一方で、婚活と真逆の方向に進む関係が生まれたり、ちょっと怖いトラブルに巻き込まれたりすることも。

そもそも婚活方法にはどのようなものがあったか、まずは軽くおさらいしていきましょう。

婚活方法はかなり増えてきた

20世紀の頃には、今ほど婚活方法の種類はありませんでした。

当時はせいぜい、身近な人間関係からスタートする恋愛か、お見合いか。修行のように合コンの予定を入れ、中には合コンのハシゴをする人も。

筆者の個人的な経験ですが、あるツワモノの友人は昼に彼氏とデート、夜に合コンの1次会に参加し、2次会に筆者が参加していた合コンに出てくることをルーティンにしていました。それもこれも「幸せな結婚がしたい」ため。

ちなみに彼女は合コンで知り合ったいわゆる「ハイスペックさん」とめでたくゴールインしたものの、……結果は訊かないであげてください。

さて、その後インターネットの「掲示板」や「mixi」なんて出会い方が登場しましたが、当時ネットでの出会いは「特殊な物語」としての取り扱い、つまり、自分には関係がない、遠い世界のお話として語られることも多かったのです。

21世紀になって久しい現在、婚活といえば周囲の人たちへのアピールのほか、ノリで行けちゃう「街コン」で度胸をつけ、「婚活アプリ」「婚活パーティ」でどんどん真剣になり、本気で結果を出したい人は「結婚相談所」での婚活を選択するのが主流だと言えそうです。

婚活をアプリでするメリットやデメリット

婚活アプリ(ネット婚活)は「pairs(ペアーズ)」等に代表されるサービスです。

メリットとしては「費用が安い(3,000円~5,000円程度)」「会員が多い(20~30代)」「必要書類は本人確認のみ(免許証をアップロードするなど)」が挙げられます。

つまり、思い立ったらサクッとスタートできちゃう手軽さが婚活アプリのメリットです。

ただし「婚活アプリあるある」として、遊び目的や不倫目的の会員が紛れていることが多く、真剣な婚活をしているかどうか判断しにくいことが挙げられます。

また世間では「婚活アプリ」のくくりで語られているアプリも、提供側が「恋活」ツールとして提供していることもあるため、利用者の意識次第では、とんでもないアンマッチが起こることがあり、このあたりが婚活アプリのデメリットと言えるでしょう。

また、残念ながら恋愛とはまったく違う、ネットワークビジネスや詐欺・カルト等の勧誘に使われることもあるため、相手が「本当に安全か」を見極める力が必要です。

アプリ自体は手軽で便利ですから、あなたにマッチしているなら、ぜひ使いこなしてみてはいかがでしょうか。

婚活をパーティーでするメリットやデメリット

婚活パーティー(お見合いパーティー)はイベント企画会社の他、結婚相談所が主催することも多く、実際のパーティー会場でお相手に直接会って確かめられることが大きな特徴です。

費用は1回3,000円~7,000円程度が多く、一度に10名程度のお相手候補とリアルに会えるのがメリット。都心部では週末になるとアチコチでパーティーが開催されていることから、会場をハシゴするツワモノも。

かつては回転寿司みたいに、ひとり10分程度のお見合いタイム内でお相手を見極めるパーティがー主流でしたが、バスツアータイプなど、時間的余裕があるパーティーも増えてきました。

効率よく短時間で多くの人とお見合いができる反面、カップリング成立は20%~40%、その後の交際については1~2回会って自然消滅することが多いと言われています。

積極的に判断・行動できる人には時短にもなり、効率的でオススメです。

しかし、じっくり生涯のパートナーを探したい、という人にとっては気持ちの立て直しをしないで、一度にたくさんの人と会い、判断していかなくてはならないため、消耗してしまうかもしれません。

結婚相談所はお金がかかる割に、いい人には出会えない?

仲人型結婚相談所での婚活は「最後の選択肢」になりがちです。

費用は婚活アクションの中でダントツに高いし、入会の書類提出等の面倒臭さや、かつてのイメージから「恥ずかしい婚活」と捉える人も未だにいます。

結婚相談所での婚活を考えるとき「お金」「費用」について、なんとなくネガティブなイメージが頭の中をぐるぐると巡りませんか?

入会金が必要だし、毎月の会費は取られるし、成婚したときには、さらにガッポリ支払わないといけない、といった感じで。

月会費だけなら、まあ、お稽古ごとのような感覚で支払えるとしても、成婚料や、さまざまなオプション費用が掛かりそうで……。

会員から徴収するお金については、もちろん結婚相談所それぞれの運営方針で設定されていますし、首都圏と地方での格差も大きくあります。それでも本部からガイドラインが提示されているため、ほぼ「適正価格」と言ってよいでしょう。

「出会えない」と感じられる場合、なぜそう思うのかの検証がとても大切です。

最近の仲人型結婚相談所は、会員検索システムを会員自身が使って、お相手を探すことができます。少なくとも、あなたが求める「条件」でお相手候補を抽出することはできるのです。

ただし、あなたがお相手にとって不足な条件であったり(条件のバランス)、そもそも結婚をどう考えているか、どんなお相手が自分に「本当に」ふさわしいかを考えたり、婚活のプロである婚活カウンセラーのアドバイスを受け入れなかったり、コミュニケーションで大切なことを怠ったり、「いい人に出会うための思考や行動」をしていなければ、出会えないのは当たり前のこと。

婚活アプリや婚活パーティに比べると費用が高く感じるのは、ズバリ、結婚相談所は費用分の手厚いケアを会員に対して行うからです。

カウンセリングやアドバイス、お相手の相談所との細かな確認や、交際時のケア、成婚退会直前のプロポーズの意思確認や段取りまで、婚活カウンセラーの業務は多岐にわたります。

「うちの結婚相談所は、全然ケアなんかしてくれない!」と言う人がいるとしたら、おそらくその人は、その結婚相談所と相性が合っていないのです。

婚活という修行がしたいの? 幸せな結婚がしたいの?

ある婚活パーティーを主催する会社のスタッフがこんなことを言っていました。

「その男性は、本当に何年も、毎週毎週パーティに来てくださって、私ともすっかり顔なじみになるほどだったんですけど。……ここだけの話、彼は結婚がしたいのか、婚活パーティーに来たいのか、正直わからないんですよね。

ご本人は『婚活パーティーは一度にたくさんの人と会えるから、効率がいい婚活だ』っておっしゃるのですけど……」

最近ようやく、結婚相談所での婚活が、特に若い世代に受け入れられています。

それは、結婚相談所での出会いは「すみやかに結婚前提の真剣な恋愛ができる」から。

不倫や遊び目的ではなく、詐欺や怖い勧誘もなく、自分の希望条件でお相手を探し、出会った瞬間から結婚前提で、じっくりと対話を重ねるゆとりをもちながら、さまざまな判断・行動が安心して行えるのが結婚相談所での婚活です。

婚活アプリや婚活パーティーも、もちろん幸せなカップルを多く輩出している婚活方法です。

しかし、「安心して、効率よく成果を出せる婚活方法のベストワンは何ですか?」と問われたとしたら、「結婚相談所での婚活」と言わざるを得ません。

結婚相談所での婚活はお金がかかる、面倒くさい、恥ずかしい、という先入観だけで「婚活」という厳しい修行を続けるか、まっすぐに「幸せな結婚=幸せな人生」を見据えて、効率よくパートナーに出会うのか。

さて、あなたはどの婚活方法を選びますか?

オススメの結婚相談所
コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です